TLR200、オイル交換及びチェーン洗浄の巻

                チェーン洗浄後

 TLRのオイル交換、半年ぶりです。チェーンも洗浄です。

 オイルはホンダのウルトラG2。

 ゲッ、まっ黒です。

 スキットプレートは曲げを直しておきます。

 チェーンは洗い油に少し浸け置きしてから、歯ブラシでゴシゴシ。洗い油の下はドロドロでした。 綺麗に成って良かった。 潤滑剤で残りの汚れを拭き落としてから、チェーンオイルを。

 スキットプレートを組んで出来上がりです。

セロー、スマホホルダー交換の巻

 充電しつつナビを使ってキャンピングするとき、写真を撮るときはコードを外して撮っていたので、ワイヤレス充電できるホルダーが良いなと購入しました。

 以前の物はシンプルな構造でしたが、外れることもなく良かったのですが、これは取り外してスマホ用の三脚に使うことにしました。

 ところが、セッティングしても充電できない、何故? よく調べたら、じ~じのスマホにはワイヤレス充電機能がついていませんでした。 スマホ初心者はどの機種でもできると思っていたのです・・・・・。

TLRツートラ風、へら釣り見学の巻

 日曜日早朝、川沿いを走る。 河川敷に結構な数のテント、キャンプに来てるんですね。

 定点撮影「鉄塔」。

 漁協管理のへら釣り場があります。 しばらく見学していました。前の釣り師は両ダンゴでした。 昭和50年代にはまって、随分田貫湖や西湖に通いました。野釣りセットはまだ倉庫に眠っていますね。

 練習は第1で。 が、またまたセクションは荒れ放題で、作り直しから始めました。 まあいつものことでね。 右から2番目のセクション、2段目と3段目の間が狭いので、フロント揚げるのがシビアになります。    小一時間練習して終了、帰路につく。

セロー、サイドスタンド交換の巻

                   セロー純正品

 ローダウンしたセロー。 キャンピング用品満載状態の場合、沈み込んでどうしても車体が立ち気味になり、左側が低い路面でないと倒れてしまう危険があります。

               上:純正品  下:XT250Xサイドスタンド

 XTの方が1cm程短い。 あまり差がないように見えますが、これが良いのです。

                  換装後

 兄弟車なので、装着規格は同じなのです。 で、換装後ほどよい傾斜で保持してくれました。

恩師の別荘へ訪問の巻-2

                       洲崎灯台からの風景

 さて、別荘で朝食をいただいてから帰路につくことに。 「日蓮生誕800年」と言うことで、近くの誕生寺を経由して行くことにしました。

 静かな境内を見学させていただきました。

 お寺さんへの道をそのまままっすぐに行くと、そこは海岸沿いの旧道でした。 バイクには楽しい林道っぽい道、景色も抜群でしたよ。

 さあここから苦難の帰行が始まります。 台風の影響か、良い天気なのですが風を強く受け、バイクが振られてしまいます。 内陸の高速でこの状態なら、不安・・・、アクアライン・・・。  ついに来てしまった。 風速表示は12m、緊張状態で海の上にでる。 案の定、すごい横風で、スピードが落ちる。60kmがやっと。 セローはオフロードなので比較的軽く重心高め。今回は特にサイドバックを付けてないので特にね・・・。フェンスがあまり高くないので、海に落ちないかいろいろ考えてしまいましたが、気を取り直し、肩の力を抜いて、前方遠目の視線。 海ほたるの看板が出てくると早くこい早くこい、こちらが行くのにね。 地下に入ってホッホのホ。 法定速度いっぱいに戻し、難を逃れました。

 教室帰着後、しばらく横になってリラックスリラックス。 そして、バイク屋さんに部品を取りに行く。

恩師の別荘へ訪問の巻

                    富津岬

 高専の時の恩師ユーちゃん先生、鴨川に別荘を持っていて、「遊びにお出でよ」とのお誘い。同級のM君と伺うことになりました。 残念ながら、M君は家庭の事情で急遽来られなくなり、じ~じ1人で訪問。もう50年も前の先生ですよ。良く長く繋がっていると思います。

                    第1海堡

 5時、セローに荷物を載せて教室を出発、アクアラインを経てまずは富津岬に行く。

 釣り人が数人、とにかく静かです。 さて、経路は半島の南を巡って行くことにしました。

                    洲崎灯台

 「喜びも悲しみも幾年月」の世界ですね。 この映画も曲も大好きです。今は無人灯台・・・。

                    野島崎灯台

 野島崎は遊歩道があるので、ノンビリと歩いてきました。

 さてさて、お昼前には鴨川のユーちゃん先生の別荘に到着。 しばし、庭の椅子に座り込んで歓談。 焼きそばお昼をいただき、先生推奨の鴨川シーワールドへ行く。

 すぐにシャチのショーが始まり、見事に水を掛けられる。

 シロイルカのベルーガ誕生のビデオと話を聞く。

 別荘に戻ってから軽くビールで乾杯、その後安くて美味い回転寿司に向かい、日本酒で乾杯。 また戻ってから11時過ぎまで飲んで話して、9時前に寝てしまうじ~じには結構な夜更かしでした。 まあ元気な御年80才の先生です。                       続く。

川沿いを走り、「カブ・トラ」発見の巻

 ネットでは観たことがありますが、初めて現物を。 オーさんのカブ・トライアル車です。なかなか手が込んでいますね。 溶接技術があると良いなあ。 亀岡トライアルの森さんみたいに、切ってくっつけて、くりぬいて削って等、パパッとできれば最高ですよね。

 定点撮影の鉄塔、スマホでは初めて。 逆光でもなかなか綺麗に撮れますね。

 雰囲気のある風景です。

 お月さんもまだ頑張ってます。土手下の田んぼは稲刈りが済んで、麦が植わっておりました。

 練習は第三で行う。 タイトターンの練習、以前行けてたところが行けない・・・。 そろそろ、お師匠さんの個別指導を受けるかな。

セロー、グリップヒーター取り付けの巻

 寒さが結構な時期に入りました。 で、一番冷えるのが手指です。 今回はお安い千円程度のものを購入しました。 ネットでは、2A以上の供給であれば何とか暖かいとありましたのでね。

 右側の四角いフェルト様の物が袋状になっていて、その中にプリント熱線プレートを入れる仕組みになっています。最も簡易な仕様ですね。

 電源は左側のUSB受けからです。一応2.4A供給できることになっているので、良しとしました。(右側はスマホ用です。)

 表側にイボイボゴムを出すことになっているのですが、マジックテープが上手くくっつかず、袋の端辺がマジックテープで収まらず余って握りが悪いのです。 で、表裏反対に丸めて両端をバンドで留めました。しかし、ちょっと乗ってみましたがグリップ感今一つ。

 で、イボイボを表に出して巻き、グリップの筒から反り出している袋の端辺を抑えるために、紐で全体を成形しました(チャーシューの糸巻きみたい・・・)。 両端はバンド締めです。 (裏側の写真撮れば良かったなあ) まあとりあえずこれで様子を見ます。 お安い物を実用化する何だか楽しい工作ですよね。 一冬保てばラッキー!  

久しぶりの山練習の巻

 雨が上がったので、仕事前に山練習に行く。 久しぶりなので斜面ターンが怖い・・・。

 ガラ系をスマホに変えたので、それで撮影。 何だか面白く撮れます。

 朝日が葉を黄色に染めています。

 無理せずトラ練し、唄の練習に入る。きょうは3曲です。 こだま して気持ちが良い。

TLRでツートラ風川沿いの巻

           大分すり減りが出て貫禄がついてきました

 TLRで早朝、川沿いを走る。 定点撮影「鉄塔」

 第1練習場へ。 ここはいつもセクションが壊れたままになっているので、始めの仕事がセクション再生です。 こういつもだと、寂しくなります。 現状直しで帰る、あるいは作り直して帰れば良いのですがね。

 リズムをつかむ、良い勉強になるセクションなんです。

 第3に移動してターンの練習。 ここでうっかりバランスを崩しハンドルを樹木に当ててしまう。 あ~あ、左ミラーの固定具が割れてしまいました。応急で結束バンドにて固定試みるも上手くいかず、左側無しで帰路に着く。(写真の白い飛び出ているのがバンドです。)

 新品を購入、装着。翌日には届くので今は便利ですね。

            補修-1
            補修-2

 割れた方は、まず瞬間接着剤で仮留めして、傷口に沿ってルーターで溝を掘ります。そして、プラリペアをその溝に流し込んで終了です。 これをヤスリで磨けば良い復元になります。 この補修品は予備にします。 

 補修-1の写真、磨き前ですが、ちょっとね・・・だったので、後日やり直しました。