TLR200、タペット調整・キャブ洗浄の巻

 直近2回の走行で、TLRエンジン音に異音を感じたので、多分タペット調整の必要か?

 クランクシャフトホールキャップ、タイミングホールキャップを外し、シャフトを左に回し、Tマークに合わせます。

 この時上死点になっているか、プラグホールにドライバーを入れて一番上部に来ているかを確認します。

 Tマークの付近はクランクシャフトがぐらつくので、原始的な止め方しています。 写真は作業に集中していたので撮れなかったのですが、タペットアジャストホールキャップを外し、吸気排気両方の調整を行います。 タペット隙間は0.05mmのゲージで計ります。スクリューのドライバーとナットのレンチは専用工具必要ないです。

  (この写真は前のエンジンで、加えて練習先で行ったときの物です。)

 次はキャブの洗浄。 全部のスクリューを外します。

 久しぶりの洗浄なので、結構汚れていました。 綺麗に吹き掃除。

 ニードル位置もプラグの状態を見て2段変えました。

 そして出来上がり。 キック一発、エンジンの調子は良いようです。 次回のツートラ風が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です