キャンバーターン、ちょっと上達の巻

 キャンバーターンの練習に山へ行く。

 以前から練習している場所ですが、これまでできることはあっても、コンスタントに、とは言い切れず、いくつかの問題点がありました。  セクションとしては、①まず丸太の小段差を超えて右ターン。②左ターンして樹間を抜けすぐに右タイトターン。ここを素早くタイトに曲がるのが重要。 ③そして一番難しい左タイトターンで切り株に上がります。ここではたいがいハンドルにぶら下がり気味になり、左に曲がりきれないのです。 ④身体を起こして落ち着いて次のラインを見定め下り、アウトとなります。

小段差越え
右ターン
左ターン

 ここでもハンドルにぶら下がらず、重心位置をキープします。

右ターン

 右ターンを早くしなくちゃと前のめりになっていますね・・・。 2回目は良い感じでしたよ(ちょっと言い分け)。

左タイトターンに入る

 身体の位置は中心にあり、コースをきちんと見定めてます。

左タイトターン

 リア加重してから、ハンドルにぶら下がらないで身体を起こしていきます。

切り株の上に上がる

 身体を起こし中央にもってくると、次のライン取りが楽になります。

アウト

 少し分かってきて、ちょっとルンルン。 裏側ゾーンに移動し、民謡練習してから帰路につく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です