TLR200に工具ケースの巻

 TLR200に工具ケースをセット。 フレームから余分な取付け用のねじ穴類を切り取ってしまったので、市販の穴付き板を角度調整で曲げ、収めました。

 先日内臓のCTを撮ったとき、脊髄側湾が結構出ていることが分りました。内臓の方は随分良くなっていたのですがね・・・。元々児童療育の現場に長いこと勤めて、現在もさわらび教室で人数的には少なくなりましたが、背骨・腰に負担を掛けていること。股関節の痛みで片足をかばっていたこと。そして老化。手術で改善はされたのですが、徐々に側湾が増していったようです。かかり付けの整形で初期の頃と現在のレントゲンを観ましたが、少しずつ曲がってきているのが分かります。

 と言うことで、も、トライアルはやめません。 やめるのはこれまで背負っていたリュックで、ウェストバックにすることにしました。 元のトランポ利用にすれば、の考えもあるのですが、今はツートラ風にはまっておりますので、暫くは継続です。 

 バックの軽量化を図るために、工具類は工具ケースへ入れることにしたのです。 それでも水筒、パンク対応セット、工具一部・予備パーツ、バルブ類、ゲージ付き空気入れ、三脚、CRC、予備ガス、書類その他と結構な重さ。 このウェストバックは昔、山屋さんやっていた頃、日帰り登山で使っていたものと同じです。ただ昔は脇のボトルポケットやメインベルトの小物入れは付いていなかったように思いますが? サブベルトでバックが垂れ下がらないようにできる優れものです。 まだ余裕があるので、軽クッキングセットも持って行けるかな。 ただ重くなるので注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です