真砂和えの巻

 日曜日夕食、真砂和え(まさごあえ)を作りました。 これは20年以上前、京都亀岡にトライアルで年一回通っていた頃、丸太町のおばんざいの店で美味しくいただいた記憶があり、それから真似して作っております。

 真砂のお相手はシラタキ、これがシンプルで一番!

 今回の真砂、魚卵は辛子明太子。 1kg激安で調達していた物を解凍してね。皿のお汁も全部使います。

 鍋にシラタキを入れ、酒を投入、次に明太子を。 塩少々、醤油少々で出来上がりです。(作り方は自己流ですよ)

 トライアル練習後の夕食は楽しみなんです。 ほうれん草とチェリソの強火炒め物(ごま油・醤油味)。

 マグロあら、血あいショウガさらっと煮付け。 揚げ出し豆腐。 日本酒が合いますね。 昭和の居酒屋さんでしょ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です