じ~じ個別指導受ける その2  の卷

4つのパターン

前回の続きです。 今回は下から2番目のステアケースを上がってから丸太上合流点に向かうラインです。

 まずはステアを越えます。 どうも125ccですと2度目の吹かしが弱く、アンダーガードにあて気味です。 意識的に開けるとリアが上がってきますね。

丸太上合流点に下ります。

 なるべく左側から右ターン。

 根っこを越えます。

 緩く右ターンして下ります。

 右タイトターンです。

 アウトとなります。 次は上から2番目の回り込んでステアを越えてからのラインです。

 インして左タイトターン。

 右タイトターン

 ステアを上がります。


 上がったらすぐに左ターン。

 丸太上の合流点に下ります。

 上がるときの前輪の位置が右過ぎたために上がりきらず足つき1点です。

 後は同じですね。 

 今回は4つのパターンで演習致しました。何処のラインをとるか、特に後輪の内輪差を考えての前輪の位置取りはあらためて勉強になったところです。馬場師匠ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です