月別アーカイブ: 2021年9月

河口湖、明太パスタの巻

 水曜日、5週月で今回は仕事お休み。 3時20分出発、河口湖を目指す。

 ボートを保有していた頃、公魚釣りでお世話になったスロープの近くに座を設ける。 日の出も富士のお山も残念でしたが、静かで良い場所です。

 今朝のメニューは明太パスタ。 3分茹で、長さも短いパスタがあったので100g、明太子、玉葱、ピーマン、揚げジャコで作ります。

 先ずはお湯を沸かして甘い紅茶とラムレーズンサンド。

 麺と一緒に野菜も茹でてしまいます。

 明太子と揚げジャコを入れて、オリーブオイル・クレージーソルトを加えます。 そしてまぜ合わせます。

 塩分控えめなので、昨日選定したときに落ちてしまった青柚を絞っていただきます。 なかなか美味しいのですよ。

 1時間ほどノンビリして帰路につく。 帰りも秋山みち、相模湖から中央道に乗って教室着9時20分。丁度6時間の旅でした。

TLR200、ライト用レギュレター交換の巻

 先日、ツートラ風に出かけるとき、点灯しなかったフロントライト。 ライト用レギュレターを交換したら点くようになりました。

               12V化前の6Vレギュレター
               12V全波整流レギュレター

 今回交換した12Vライト用レギュレター。

 ツーリングトライアル車は公道保安部品の維持が大切ですね。

セローで時坂(とっさか)峠茶屋・払沢の滝の巻

 仕事の前にちょっと練習、と思ってTLR200のエンジンを掛けるが、ライトが点かない。まだ暗いので、ライトカウルを外して電球交換。 も一度エンジン掛けるもやはり点かない。 これはバッテリーレスにするとき装着したライト系のレギュレターが逝かれたかな? しかし部品はあるものの、時間が掛かるので、セローを引っ張り出し、山へ『トラ練』でなく、『唄練』に行くことにしました。

 走りながら何処にしようか考えていましたが、時坂峠の茶屋が良いだろうと、ゴー!

 以前より展望が悪くなっています。

 上の写真は10年程前の景色です。 

 さあ、ここで向こうの山に向かって唄の練習。 今日の重点曲は「Climb Ev’ry Mountain」、そして他2曲。 発声練習もなく声を出しすぎ、気分が良かっただけの練習でした。

 小岩に抜けないで戻り、払沢の滝へ。

                      忠助淵
                    途中の小滝
                    払沢の滝

 誰も居ない気持ちの良い山道を歩かせていただきました。(写真はクリックすると綺麗に観ることができます) 

 帰路、五日市のキッコーゴ醤油店に寄る。 TLRの故障で出遅れたため、開店したばかりの時間に到着。ここのお煎餅は美味しいのですよ。

 お煎餅以外にいろいろな商品を出しているのですね。 で、飴、チョコ、煎餅、かりんとうを購入しました。 駐車場でバイクを出そうとしていると、お店の方が来て、キャラメルをおまけに下さいました。「また来なくちゃいけないですね」と、笑いながら帰路につきました。 教室着10時。 さあ仕事の準備だよ。

 ※お煎餅はもちろんですが、かりんとう・チョコも良いですよ。 ウィスキーの肴になります。

TLR200、山練習から白岩滝・谷戸へ の巻

 日曜日、カラット晴れそうだったので山練習に行く。

 だんだん夜明けが遅くなってきました。

 山練習、何となく身体の動きが鈍いので早々に切り上げ、民謡の練習をしてからトンネル抜けて五日市に出る。 盆堀川を上流へ、通行止めは知っていますが林道入口まで走る。 昔、父ちゃんバンド家族で川遊びをしたところですが、今は難しそうです。 そこからツルツル温泉方面に向かい、

 白岩の滝遊歩道へ。

 徒歩で登ります。

 まずは小滝が現れます。

      白岩の滝-1
      白岩の滝-2

そして白岩の滝です。 清涼感ありますよ。

 帰路につこうと思っていましたが、途中、林道っぽい入口があったので入ってみる。 雰囲気のあるオフロードを登り、

 峠を下っていくと湿地・谷戸に出ます。

 そして段々の田んぼが広がります。 町田の谷戸と同じ雰囲気ですね。 さて、きょうの行程はこれで終了、帰路につきました。 教室8時半着。 90km、4時間半の練習・ツーリングでした。

道志みち・山中湖、鶏飯の巻

 急遽、「山中湖を観ながら早朝クッキング」と決め、3時30分教室発。

 以前クロスカブでも来た、ロケーションの最高な場所です。 道志みちをひたすら走り、夜明けに間に合うかと思いましたが、あいにくの天気で、富士の山も全景見えず。

 今回のメニューは「鶏飯」。 焼き鳥の缶詰と、冷蔵庫にあった人参・インゲンです。

 ご飯が炊きあがるまで、珈琲とラムレーズンサンドをいただく。

 こんな所で作っています。絶景です。

 さてさて、出来上りました。 卵ほうれん草のスープと、持参した根菜とキノコの煮物もいただく。 飯は醤油を少し垂らすと美味しくなりますよ。

 湖畔に出て道志みちへ。 青根から中央道に抜けて教室着、8時50分。170kmの旅でした。

TLRツートラ風、川の巻

 4時30分、教室発、川沿いのお不動さんへ向かう。天気は小雨。

 定点撮影の鉄塔。

 遠景のビルは海老名市街かな。

 第1練習場。左側の1段目が壊れていたので作り直すが、2段目との間が短かくなり、リアが乗った段階でフロンとを上げないと難しいセクションになりました。何とかできる。

 こちらも左右両方とも壊れていたので、作り直し練習する。 きょうはここまでで終了、帰路につく。7時半教室着。  ※エンジンの調子は良いようですよ。

TLR200、タペット調整・キャブ洗浄の巻

 直近2回の走行で、TLRエンジン音に異音を感じたので、多分タペット調整の必要か?

 クランクシャフトホールキャップ、タイミングホールキャップを外し、シャフトを左に回し、Tマークに合わせます。

 この時上死点になっているか、プラグホールにドライバーを入れて一番上部に来ているかを確認します。

 Tマークの付近はクランクシャフトがぐらつくので、原始的な止め方しています。 写真は作業に集中していたので撮れなかったのですが、タペットアジャストホールキャップを外し、吸気排気両方の調整を行います。 タペット隙間は0.05mmのゲージで計ります。スクリューのドライバーとナットのレンチは専用工具必要ないです。

  (この写真は前のエンジンで、加えて練習先で行ったときの物です。)

 次はキャブの洗浄。 全部のスクリューを外します。

 久しぶりの洗浄なので、結構汚れていました。 綺麗に吹き掃除。

 ニードル位置もプラグの状態を見て2段変えました。

 そして出来上がり。 キック一発、エンジンの調子は良いようです。 次回のツートラ風が楽しみです。

和田峠・林道入間白岩線の巻

 4時10分教室発、和田峠へ向かう。

 恩方の道の駅で休憩。

 もう秋、結構冷えるのでスパッツを装着。 これは25年以上前の山屋時代の物で、ボヨンボヨン状態ですが、最後のおつとめです。

 峠前で夜明けです。

 和田峠、早朝なので登山者もいません。静かです。

 峠下からの富士、今朝は雲の中でした。

 棡原の景色を撮り、甲武トンネルを抜け、

 白岩林道分岐へ。

 浅間尾根に出て、朝食。  結構ムシが多く、パワー森林香をつける。

 メニューは珈琲ときしめんです。 きしめんは名古屋の友人から毎年送られてきます。 具は鶏肉、キャベツ、人参、椎茸、長ネギ。

 そろそろ出来上がりですね。 火器はオプティマス8R、52年使っていますよ。コッフェルは8R収納に合う物を河童橋道具街で見つけた物です。 美味しくいただき、1時間ほどノンビリして出発。

 林道出口。 早朝だったので、通行止め時間外でした。 さてさて、ここからは帰路、教室着9時40分、5時間半116Kmの旅でした。

セロー、ヘルメットホルダー移設の巻

            左:キタコの製品   右:セロー純正品

 セローのヘルメットホルダーは(下の写真)、後ろの左側に付いています。 ここはサイドバックホルダーを後付けしたので使えません。

 赤いプレートに付いていました。

 購入したのはキタコのフロントマスターシリンダーに共締めするタイプ。

 手前のホルダーを外して、キタコのステーを使い、ホルダー本体はセローの純正品を使います。 そうすると、キーが純正品のまま使えるわけです。 つまり、キタコと純正品の規格が同じと言うことなんです。

 キタコの本体は使わないので、少しもったいないのですが、キーを統一できるので、その方が良いですね。

9月の川沿いを走る、の巻

 河川敷の田んぼ、稲穂が垂れ始めました。

 素人なので分かりませんが、重そうなので、良いんじゃありません。

 日の出の鉄塔、定点撮影。

 さて練習の方は、第1で壊れた2セクションを作り直し、4段のリズム練習。

 左の1段目が壊れていたので直すが、良い丸太がお隣に行ってしまったのでね・・・。 右側は1段目が高くなっていたので、パス。 2段目がなければね・・・・・。

 第2、第3、第4まで練習して、本日は終了、帰路につく。 教室着9時半。 水曜日午後は仕事だ、頑張ろう!