作成者別アーカイブ: jiji

ある日の夕食メニューとアララ・・・の巻

 まずは肉じゃがを作りました。①外国産牛コマ肉を安いときに買っておきます。これが肝心。②それを玉葱とごま油で甘辛く炒めてよけておきます。③いもと人参を板こんにゃくをスライスしたものと肉等をよけたフライパンで炒め煮します。調味料は、醤油・酒・ミリン・オリゴ糖です。④じゃがいもなどが八分程煮えたら、肉等を合わせて仕上げます。

 セロリのバジルサラダ。 ①セロリを細切りにし、オリーブオイル・バジル・クレージーソルト・ブラックペパー・胡椒・ニンニクパウダー・ミリンで合えます。②鶏ササミフレークとミニトマトを載せます。③好みで何かドレッシングを掛けて出来上がりです。

 捨てずに取っておいた大根葉、細かく切って油揚げとごま油で炒め煮にします。 これも調味料は醤油・ミリン・酒・鰹削り節・七味唐辛子。 

 スナップエンドウ。これは塩ゆでしただけ。ちょっと贅沢品です。

 一週間前に作った煮豚の残り。 醤油ダレの中にずっと居たのでなかなか美味いのです。

 午前中トライアルの練習、洗車整備、午後は夕食調理。 今日も早めの就寝です。

 翌日、立ち上がるとき、腰に強烈な痛み、所謂ぎっくり腰ですね。 整形外科に行き、投薬中です。 早く直して山に行かなくてはね。 アララ・・・。

TLRツートラ風、川沿いを走るの巻

 国分寺には旧多摩川段丘のハケ、湧水を多く観ることができます。 ここ、相模川もありました。 

 以前から覗いてみようと思っていましたが、今回行ってみることにしました。

 石積みがあるので、昔は水場として使っていたのでしょうね。 水面は水草に覆われ、可愛い花が咲いていました。 淀んでいるわけではなく、流れはありましたよ。

 さて、移動して鉄塔の写真、曇りでちょっと残念。

 Sヶ島第1練習場で汗を流し、帰路につきました。

山で歌の練習の卷

 TLR200でツートラ風、山練習に行く。 早朝は鳥の鳴き声がすごい!   斜面のターン練習をした後、歌の練習に入る。 ビデオに撮ってどんな感じか観て聞いてみます。

「南部牛追い唄」(1番のみ)                                    

   田舎なれども サーハーエー  南部の国はサー 

   西も東もサーハーエー  金の山 コラサンサエー

「貝殻節」(1番のみ)

  なんの因果で 貝殻漕ぎなろた  カワイヤノーカワイヤノー

  色は黒なる 身は痩せる  ヤサホーエーヤ ホーエヤエー 

  ヨイヤサノサッサ  ヤンサーノエー ヨイヤサノサッサ

 南部牛追い歌は中学生ぐらいから良く聞いていて、歌えたら良いなーと思っていました。 貝殻節は吉永小百合さん主演「夢千代日記」で覚えたもので、歌っていると、芸者の吉永さんが踊っている姿が出てきて、なかなか良いのであります。 まあ、笑ってやって下さい。

 しかし、民謡は難しい。 コブシが全くできない。 ビブラートになってしまい、ただ大きな声で歌っているだけ・・・。 誰も聞いてないので、懲りずに歌っていこう。ハイ。

TLRツートラ風、川沿いの道の巻

 水曜日、仕事は午後からなので早朝Sヶ島へ。 Fスプロケ13Tはストレス無し。 第1練習場で汗をかいて、川を遡りました。 

 朝は気持ちが良い。 ちょっと曇りが残念ですが。

 定点撮影「鉄塔」もパチリです。 お不動さんまで行って帰路につく。 9時前には教室着。 良いツートラ風でした。

TL125、山練習とお煎餅の巻

 日曜日、天気は上々、山練習に行く。

 傾斜面のタイトターン、セクション想定して何度も練習。 少し良い感じになってきましたが、上肢に張りが出てきて終了とする。 

 誰も居ない山の中、民謡の練習にも良い場所、「南部牛追い歌」を歌う。 気持ちよく歌うが、こぶしがビブラートになってしまい、なかなか難しい・・・。

 帰路、山の近くの霊園に墓参りをと思い、教室に戻って急遽泊まりに来ていたチビ孫もつれて出かける。 霊園ホールで少し休憩していたとき、これを見つけました。五日市キッコーゴ醤油のお煎餅。 随分前にもう少し大判の煎餅を出していて、気に入り買い求めていましたが、これはどうかな? 早速袋から出して食べてみると、やはり醤油の素朴な味、良いではありませんか。へんに甘くないのです。そして小ぶり・薄くなったので老人にはとても食べやすいのですよ。 今日は良い日になりました。 

家でのバーベキューの巻

 毎年連休は全員集まってバーベキューなのですが、今年も都外の子どもは来られず、ちょっと寂しい会になりました。 私は2バーナーで焼き係。 このコールマン、30年以上前の物ですが、まだまだ元気です。

 子ども2はお得意の手羽先煮。

 孫1と5はおにぎり係。

 孫2はウィンナ切れ目係。 子ども1は孫監督。チビ孫はウロウロ。

 写真はありませんが、今回は牛のタレと塩、豚のタレ、チェリソ、ハーブウィンナ、そして野菜でした。

 バーナーは新聞紙でゴシゴシが一番、水洗いはサビの原因になります。 来年は全員集まることを願うばかりです。

新じゃがローストの巻

新じゃがの小いもが手に入ったので、小いもローストを作ることにしました。

 まずは良く洗って、水切りします。

 いもをボールに入れ、オリーブオイル・塩胡椒・みりん・ガーリック黒胡椒・ガラスープの素を加えます。 が、写真に入れ忘れましたが、クレージーソルト・醤油も加えます。

 これを混ぜ合わせ、少し置いておきます。 時々マゼマゼが肝心。

 オーブン160度45分位で出来上がりです。

 夕食は、知人から送っていただいたタケノコ(多分マダケ)・蕗・三つ葉を調理し、冷蔵庫のキビナゴ煎り・セロリサラダを加えました。。 この肴で泡盛をいただく。 誠に贅沢、感謝です。

TLR200、Fスプロケ13T でツートラ風の巻

本流から外れた景色

 TLR200のFスプロケを11Tから13T(ノーマル)に変更して出かける。 まずはS川本流から外れた2段の池、じ~じのお気に入り場所です。

定点撮影、「鉄塔」

 川沿いの小道を行き、Sヶ島へ。

 第1練習場へ到着。 が、私の作ったセクション、結構壊れていて、まずは作り直しからです。 ここはフロントを上げるタイミングに良い練習場所です。危険が無いので万年ビギナー向きですよ。

手前は4段、4段目を設置しました。 奥は3段半です。

 左は以前からある3段。 右は2段半、ちょっと低くなりましたね。 こんな所を練習して、第4まで移動して本日は終了です。

 Fスプロケ13T、国道では流れについていくことができ、ストレスが軽減されます。トライアルについては、以前向かないな、と言う感じでしたが、きょうはそこそこ乗れましたので、山練習でも試してみようと思います。 楽しみだな。 

鯛の押し寿司の巻

 魚屋さんで手頃な鯛を見つけました。690円。柵よりも安い。で、ゲット。

 ウロコはビニールの中でスプーンで取ります。 今のところこれが一番。

 五枚に下ろします。 皮をむき、塩を振り、余分な水気を取り冷蔵庫で少し寝かせます。 この一手間で旨みが増します。

 アラは鯛汁にします。

 昔、馬篭宿で購入した檜の押し箱です。匂いが良いですね。

 鯛を敷いて、押し込みます。ラップでくるむと良いですね。

 こちらは、鮪の炙り漬けです。

 鮪の方、押しが足らず、ちょっとね・・・。 他、カブの柚塩と葉っぱの油揚げ炒めです。 なかなか良い夕食です。

万年ビギナーに良い山練習セクションの巻

 山練習で今凝っているセクションがあります。 2回目の記事なんですが、万年ビギナーの私には良いセクションなんです。

 入ってすぐのこの凹み箇所が、タイミング練習で良いところなんです。

 凹み箇所を上がって左ターンで、この低い2段なんですが、2段目にフロントを持っていくのがミソのようです。

 低い2段を左ターンして、後は線の通りです。 次に動画からの写真。

インして、凹み前の段差にフロントをあげます。
アンダーガードに少し当たる感じでゆっくり下ります。前に行きすぎないように。
次の段差まで間が無いので、下りたときにフロントを上げる意識を持つ。
上がったら左ターンで次の2段を意識します。
フロントを2段目に持っていきます。
樹木を右タイトターンします。この時リアが滑りやすいのでアクセルワークに注意します。
低い丸太を越えて、左ターンしながらの登り。
上がりきったらゆっくり下ります。
アウトです。

 間隔の無い段差や斜面のターン、勉強になります。