作成者別アーカイブ: jiji

家でのバーベキューの巻

 毎年連休は全員集まってバーベキューなのですが、今年も都外の子どもは来られず、ちょっと寂しい会になりました。 私は2バーナーで焼き係。 このコールマン、30年以上前の物ですが、まだまだ元気です。

 子ども2はお得意の手羽先煮。

 孫1と5はおにぎり係。

 孫2はウィンナ切れ目係。 子ども1は孫監督。チビ孫はウロウロ。

 写真はありませんが、今回は牛のタレと塩、豚のタレ、チェリソ、ハーブウィンナ、そして野菜でした。

 バーナーは新聞紙でゴシゴシが一番、水洗いはサビの原因になります。 来年は全員集まることを願うばかりです。

新じゃがローストの巻

新じゃがの小いもが手に入ったので、小いもローストを作ることにしました。

 まずは良く洗って、水切りします。

 いもをボールに入れ、オリーブオイル・塩胡椒・みりん・ガーリック黒胡椒・ガラスープの素を加えます。 が、写真に入れ忘れましたが、クレージーソルト・醤油も加えます。

 これを混ぜ合わせ、少し置いておきます。 時々マゼマゼが肝心。

 オーブン160度45分位で出来上がりです。

 夕食は、知人から送っていただいたタケノコ(多分マダケ)・蕗・三つ葉を調理し、冷蔵庫のキビナゴ煎り・セロリサラダを加えました。。 この肴で泡盛をいただく。 誠に贅沢、感謝です。

TLR200、Fスプロケ13T でツートラ風の巻

本流から外れた景色

 TLR200のFスプロケを11Tから13T(ノーマル)に変更して出かける。 まずはS川本流から外れた2段の池、じ~じのお気に入り場所です。

定点撮影、「鉄塔」

 川沿いの小道を行き、Sヶ島へ。

 第1練習場へ到着。 が、私の作ったセクション、結構壊れていて、まずは作り直しからです。 ここはフロントを上げるタイミングに良い練習場所です。危険が無いので万年ビギナー向きですよ。

手前は4段、4段目を設置しました。 奥は3段半です。

 左は以前からある3段。 右は2段半、ちょっと低くなりましたね。 こんな所を練習して、第4まで移動して本日は終了です。

 Fスプロケ13T、国道では流れについていくことができ、ストレスが軽減されます。トライアルについては、以前向かないな、と言う感じでしたが、きょうはそこそこ乗れましたので、山練習でも試してみようと思います。 楽しみだな。 

鯛の押し寿司の巻

 魚屋さんで手頃な鯛を見つけました。690円。柵よりも安い。で、ゲット。

 ウロコはビニールの中でスプーンで取ります。 今のところこれが一番。

 五枚に下ろします。 皮をむき、塩を振り、余分な水気を取り冷蔵庫で少し寝かせます。 この一手間で旨みが増します。

 アラは鯛汁にします。

 昔、馬篭宿で購入した檜の押し箱です。匂いが良いですね。

 鯛を敷いて、押し込みます。ラップでくるむと良いですね。

 こちらは、鮪の炙り漬けです。

 鮪の方、押しが足らず、ちょっとね・・・。 他、カブの柚塩と葉っぱの油揚げ炒めです。 なかなか良い夕食です。

万年ビギナーに良い山練習セクションの巻

 山練習で今凝っているセクションがあります。 2回目の記事なんですが、万年ビギナーの私には良いセクションなんです。

 入ってすぐのこの凹み箇所が、タイミング練習で良いところなんです。

 凹み箇所を上がって左ターンで、この低い2段なんですが、2段目にフロントを持っていくのがミソのようです。

 低い2段を左ターンして、後は線の通りです。 次に動画からの写真。

インして、凹み前の段差にフロントをあげます。
アンダーガードに少し当たる感じでゆっくり下ります。前に行きすぎないように。
次の段差まで間が無いので、下りたときにフロントを上げる意識を持つ。
上がったら左ターンで次の2段を意識します。
フロントを2段目に持っていきます。
樹木を右タイトターンします。この時リアが滑りやすいのでアクセルワークに注意します。
低い丸太を越えて、左ターンしながらの登り。
上がりきったらゆっくり下ります。
アウトです。

 間隔の無い段差や斜面のターン、勉強になります。

TL125F、ビートずれ直し、他の巻

 TL125Fをツートラ仕様に戻すついでに、リアのビートのずれ等を直すことにしました。

 リアはビートストッパーが1つで、ずれやすいのです。今回も大分ビートがずれています。 一番確実に直すのは、ホイールを外すのが一番。 

 空気を抜いて、片側だけタイヤを外し、チューブを元に戻しました。

 チェーンを新品にしようと思いましたが、スイングアームをTLRの物に換えている関係か、一コマ足らず、洗浄給油して元に戻しました。後日考えます。

 とりあえず今日は終了。 それから、スピードメーターケーブルを一度油抜きして、きれいにし、再給油し直しました。 ツートラ仕様ですからね。

爆笑ツインショックトライアル大会の巻

 先日、恒例の爆笑ツインショックトライアル大会が行われました。

 今回も実行委員会の方々の苦労は大変だったと思います。 会場には何カ所も消毒コーナーが設けられていました。

 メッツ滝沢会長の挨拶で始まりました。

進行表
山の中の10セクション2ラップ

 今回もメッツの池田さんと2人で回りました。 競技中もマスク着用です。 なので汗が目に入り、セクション途中、しょうが無く減点1の足をつき、拭ってからの場所もありました。

 結果は、2人とも中間位置でした。

 駐車場お隣の成田省造さん、作ったばかりの86年型RTL250S風のTLRを持ってきていました。

 2度ほど転けましたが、大きな怪我も無く無事終了となりました。

蕗の収穫の巻

 農家の裏庭を模した裏路地。 2月は蕗の薹が出てきて天ぷらにし、こんどは蕗が出てきました。 茗荷の尖った芽も出てきましたよ。これは後のお楽しみ。

 蕗一食分を収穫。

 葉っぱを落として、皮をむきます。

 適当に切って、水にさらします。

 出汁を取り、塩・醤油・ミリンで味付け。 山椒と鰹節も入れます。

 出来上がりです。 旬の味ですね。

TL125F、コンペ仕様にする巻

 TL125Fをコンペ仕様にしてみました。 ツートラ用なのですが、近々クローズドの大会があるのでね。

 TLR200より軽いので、更にすっきり、良い感じです。

 リアフェンダーは、TLR200 のコンペ仕様の時に使っていた物を、白に塗り直しました。

 シートはコンペ用の自作品です。 

 さてさて、大会関係者は対応策をいろいろ考えてくださっているので、開催されるといいですね。 

TL125ツートラ風、山練習の巻

 日曜日、山へ練習に行く。 強雨上がりでしたが、練習箇所の斜面は 問題なし。 とにかく静か、いつもありがたい自然をいただいて感謝です。

 今回の課題はこのセクションです。 丸太を越えて、右タイトターン、切り返して左タイトターンで木を回り込む。すぐに右タイトターンから左に切り返して、木株を回り込むラインです。 写真より斜度は結構有ります。

 インして丸太を越えます。

 すぐに右タイトターン。

 切り返して左タイトターン。

 すぐに右タイトターン。

 切り返して左タイトターン。 身体が遅れないようにしますが、ここが一番難しいのです。

 何とか上がれました。

 アウトです。 ビデオを撮る前は、最後の左ターンが上手くいかなかったのですが、カメラをセットしたら一発でできました。不思議です・・・。

 さて、裏側の練習ブロックへ移動し、これまでの復習をして本日は終了。帰路につく。