TL125、タンク仮換装の巻

タンク仮換装

 TL125、ツーリングならこれまでの変更で全く問題ないのですが、トライアルを行うにはまだ改善しなければなりません。

純正タンク・シート

 このタンク、はっきり言って結構重いのです。それからシート、短足じ~じにはちと高いのです。 で、これまでTLR200に使っていたNARITA製旧型タンクシェルターとアルミタンクに換装することにしました。  

タンクサポート(ゴムとフレームを貫通している鉄パイプ)

 そのためには細身のタンクが収まるように、純正のタンクサポートを取り除かなければなりません。

ゴムを取った写真

 ゴムを取ると、パイプが少し出ています。これでタンクを支えています。差し込んであるステンパイプは、出っ張っているパイプを切り取った後、また純正タンクが使えるようにするための物です。後で適値にカットします。

切り取る

 出っ張りを金ノコで切り取ります。

緩衝材

 切り取ったところを部分塗装し、アルミタンク用に緩衝材を貼る。

NARITA製旧アルミタンク

 タンクを載せます。 純正タンクをフレームに固定する金具を取り外します。

シェルターを被せてボルトオン

 TLR200用にセッティグされたシェルターなので、すこしボルト穴が合わず、シェルター側の穴を少し広げました。

純正タンク用タンクサポート

 純正タンクを復活する場合、困らないようにタンクサポートを作っておきました。ステンパイプがフレームを貫通しタンクサポートできる仕様です。

タンクサポート

 切り取った端パイプは塗装しゴムの中に入れ、パイプより小径のステンパイプを代わりにサポート軸にしています。

 さて、タンクシェルターはこの彩色ではフレームと合わないので、少しFRP補修して近々塗装し直します。 どんな感じになるか楽しみです。

※TLR200用にはNARITA製新型のタンクシェルターがあるので、このシェルターにタンクを付けてもらうようNARITAの省造さんにお願いしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です