柴又帝釈天初詣の巻

帝釈天本堂

 今年も帝釈天に行くことができました。 ありがたいことです。

京成電鉄柴又駅

 今回の孫参加は3人、髙1・小6・3歳。

チビ孫君

 3歳児は初参加です。ほとんど歩いていましたよ、えらいね! 

高木屋さん

 駅を出てすぐ、最初は焼き鳥屋さんでみんな串2~3本、路地テーブルに座ってね。 私だけ樽酒をいただきました。へへっ。 通りを渡り、参道を進むと寅さん・渥美さんと一番親交のあった高木屋さん。

大和屋さん

 我々はいつもこの大和屋さんで天丼を食べます。

お品書き

 並天丼998円とおでんをいただきますよ。お店の方から並でよろしいんですか? と聞かれてしまいました。ハイ、いつも並です、と。 お品書きが新しいかな?

ご機嫌

1年に一回だけ、いや2回かな、午前中からいただきます。ハイ。

くず餅

 これは見逃せません、くず餅。

金子屋さん

 お煎餅は金子屋さんです。 私はニンニク、河川敷でいただきますよ。

佃煮の大徳さん

 青唐辛子と蕗を購入。青唐は実に辛いのですが、癖になるのです。髙1孫も大好き、分けて上げました。

山門

 本堂へお参り、もちろんみんなの健康をお祈りしました。

矢切の渡し

 昭和43年頃から来ていますが、渡しが寂れていた時期はありましたね。 寅さんやレコード大賞で頑張ってきましたが、なんと言っても地元の努力でしょうか。だって、地元の生活で渡しの必要性がなくなっていたのですから。 きょうはバスの団体が来ていましたよ。

 矢切の渡しと言えば、伊藤左千夫の「野菊の墓」、私が十代の頃、渡船、野菊の墓文学碑を見に行った覚えがあります。 知る人はあまり多くないのでしょうね。この文学碑は昭和40年にできたそうです。 NHKドラマ「次郎物語」を観て影響され、「しろばんば」や「野菊の墓」を読んでいったのでした。多感な頃の懐かしい想い出です。

チョコバナナ

 帰り際にはお決まりのチョコバナナ。

柴又駅前

 駅前再開発で新しくなるみたいですね。 寅さん・さくらの銅像はいつでも静かに迎えてくれます。寅さん映画も50作品目、観なくては。

 今年も帝釈天へお参りができました。 さあこの1年、頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です