TL125フィールドトリッパー補修等3点の巻

グリップエンドプロテクター(ブレーキ側右)

 前保有の方は街乗り用に使っていたらしく、グリップエンドにプロテクターが付いてなかったので、取り付けることにしました。

クラッチ側(左)

 125はクローズドコンペに参加することはないので、グリップラバーはそのまま。 プロテクターはちょっと大げさなんですが、クロスカブ用に在庫してあった物で、もったいないので使うことにしました。が、ちょっと出っ張りがきついかな・・・・・。

 プロテクターには固定タイプと共回しタイプがあります。 TLR200では左固定、右共回しでしたが、在庫の物は左右とも固定タイプでしたので、グリップラバーを加工して付けました。

チェーンテンショナースリッパー

 スリッパーが大分削れ、内側ガイドに到達しそうだったので、交換しました。

交換後

 ガイドに当たりそうだったので、換えて良かったです。

サイドカバー

 右側のサイドカバーの裏に問題あり。 

タンクに引っかける爪

 サイドカバーを固定するための、タンクに引っかける爪の1つが折れてない状態でした。 これをCRCのプラ蓋を爪様に切って、プラリペアでくっつけました。

サイドカバーの突起部(ピンぼけ・・・)

 突起部が少し細くなって本体から抜けやすくなっていたので、瞬間接着剤で厚盛り。

 探せばいろいろ補修箇所が出てきます。まあ、これも楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です