TLR200、CDIユニット交換の巻

中古のCDIユニット

 エンジン回転の戻りが遅い、この原因がなかなか分からない中で、電気系を考え、中古のCDIユニットを調達しました。

イグニションコイル

 イグニッションコイルも換えようと思いましたが、プラグコードに亀裂があったので、既存のままに。

CDI収納部

 CDIは中央の黒いカバーの左奥、フレーム内に収まります。 配線図の字が小さくて読めず、遠近両用に拡大レンズを付けて何とか・・・・・。

タンクシェルター内部

 内部は12ボルトやバッテリーレス化、ツートラ公道仕様のため配線がごちゃごちゃしています。キルスイッチも盗難防止用に2コ付けていますのでね。

 エンジン始動、おー、かかりました。 何だかとても元気な音、ホッです。 回転の問題は実践で試してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です