TLR200、エンジン戻り回転治るの巻

早朝のK沢

 TLR200、エンジン回転の戻りが遅い原因、やはりエア吸いでした。

PD22キャブ

 キャブレター旧PW22、新PD22両方とも同じ症状だったので、これはインシュレーターでのエア吸いだ。と言うことで、キャブからインシュレーターを外しキャブ側のOリングを観る。すると微妙ですが、その太さが、それを納めるホール深さとほぼ同じだったのです。純正品なんですがね・・・。

左:水道用パッキン 右:Oリング

 平形で薄い水道用ゴムパッキンがあったので、ホールに合わせるとピッタリ! キャブ側なので、高温にはならないと思うので、何とか保って欲しいですね。

2つを重ねる

 この2つを重ねて、エア吸いを無くすことに。

インシュレーター装着

 キャブを再度バラして掃除、しっかりと組み直す。 インシュレーターとエンジンヘッド合わせ面は以前の記事で治しているので、さてエンジン始動、・・・はい、戻りは良いようです。

K沢1人

 平日午前が空いたので、K沢で調子確認、はい、これも良いようです。

 良かった! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です