八千穂・蓼科高原行の巻

山梨県立文学館

 家人と八千穂高原へ。 途中寄り道して、山梨県立文学館「太宰治展」を観る。太宰治の小説はあまり興味はないのですが、しかし、一個の人物としては特異な生涯を送っていますよね。甲府と太宰の繋がりはこれまであまり知ることはなかったのですが、今回の展示を見て、この地での結婚生活、婦人の存在が太宰の作品をきちんと整理した形で世に残すことになった。そんなことを知る機会になりました。昨年、北海道ニセコの有島記念館へ行ったときも女性との心中、何故かな? 今回もいろいろ考えさせられました。

信玄餅ソフト

 2時間以上じっくり回ったので、ソフトクリームで休憩。なかなか美味しかったですよ。

県立美術館

 次はお隣の美術館へ。 ミレーの作品、都心での展示だったら確実満員の所、独占状態でゆっくり鑑賞できました。 幸せだな・・・。

ざるそば

 お昼を食べて、松原湖へ。 この地へ行ったのは、中央大学の合唱サークル合宿へ、OBで指導に行った時以来かな。

松原湖・バックは八ヶ岳の横岳・硫黄岳

 合宿所は一周歩きましたが、思い出せませんでした。

へら鮒釣り師

 冬はワカサギ、夏はへら鮒ですかね。 へら釣りはもう30年以上やってませんね。

八峰の湯

 夕刻になってしまい、奥山土牛美術館は後日の楽しみにし、松原湖上の八峰の湯へ。

駒出池キャンプ場

 そして宿泊地の八千穂高原駒出池へ。 泊まり客は他に2組、静かです。

バーベキュー

 今回は牛肉の自家製たれ漬けと豚肉のレモン塩風味です。 長芋の塩は欠かせません。

ご機嫌

 ビールの後はお酒をいただく。

オートキャンプ区

 あまり人工的でなく、なかなか自然を良く残しているキャンプ場ですね。

良い雰囲気です。

 場内を歩いてパチリ。 池畔にポツンと一張り、若いカップルでした。

静かな池

 ここは数年前にCC110のキャンピングで立ち寄ったことがありますが、秋の紅葉期は最高です。

車内で二次会

 冷えてきたので、車内で焼酎をいただく、そして雨になる。

 蓼科編は次回へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です