Fサス・インナーできあがる の巻

K沢へサスペンションの具合を確かめに行く

 Fサス・インナーができあがったとの連絡があり、取りに行きました。組み上げはアワーズ和田さんにやってもらう。


 きれいに処理してあります。写真はちょっと汚れが付いてました(きれいに拭き取れば良かった・・・)。


 持ち帰り、セットする。なかなか良いですね。写真右のワイヤーガイドも他車の物を流用して、


ホワイトを2つセットする。上部の方は取り付け部を半分カットする。


K沢でサスの具合を見るが、もちろんフロントは良かったのですが、リアはスカスカで少し踏ん張っただけで底打ちしてしまいました。


 サスとマフラー-が、沈んだ時、ちょっと分かりづらいですが、赤丸の部分で当たってしまいます。インターネット購入では初めての不良品、まああきらめましょう。で、すぐに帰路に付き、サスを元に戻す作業。


ハイ、元に戻しました。



この公道仕様で、今年もイーハトーブに行きましょう!

Fサス・インナーできあがる の巻」への2件のフィードバック

  1. おおくぼ

    TL125用のサスペンションは残念でしたね。
    TLR200のものと比べると全長が短いように見えます。

    125も200も全長は同じですので、全長を短く加工してバイアルスやイーハトーブに使用できるようにしたのかもしれませんね。

    返信
    1. jiji 投稿作成者

      大久保さん、今晩は
      今使っているサス、当初純正だと思っていたのですが、TWKのサスでした。2cm程長いのですね。
      で、リアフェンダーが跳ね上がって見えるようです。(その後少しフェンダーの方を下げたのですが)
      調達した125用は40cmで通常の長さでした。なので、底打ちスカスカ状態だったようです。
      今のサスでも良いのですが、もうちょっと沿ってくれれば、と欲張りな感じで動いたのですが、       まあ、それより技術向上かな・・・・・?

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です