TLR200、クラッチ修理の巻

華の金曜日、早朝K沢へ出かける。                            早起きは三文の徳、とは良く言ったもので、日の出の時間がきれいです。           これまでの復習、個別指導でできなかったセクション、何度もトライして、登りのタイトターンがやっとできるようになりました。                             ところが、前回の練習の時からクラッチの切れが悪く、若干引きずる症状、一過性ではないようなので修理することに。

部品は揃っていたので、自分でやろうとしましたが・・・、やーめた。            良く面倒見てくれるアワーズさんに、部品とオイルを持ち込んでお願いすることにしました。

で、土曜の夜にはできあがって、日曜日に取りに行く。 ありがとうございました。      店頭にホンダの4気筒GL1000が、79年製、ドシッと重そうです。               私には当然乗れるようなマシンではありませんね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です