Sヶ島の日の出、他の巻

早朝、同じ時間に出ても到着時はまだ暗いのです。冬至を迎えたんですね。

Sヶ島の日の出です。 実は、日の出前の時間が一番荘厳なんですね。 主役はマシンではなく太陽!

第一練習場で復習、これまでのセクションはほぼOK。                    第二練習場の新しいセクションは、下りの左タイトターンが難しく、クリーンなし。       第三練習場の新しいセクションは、登りの右ターンの場所が剔れて難しい、クリーンなし。   K沢へ移動、B師匠の到着を待つ。

今回のテーマは重要なタイトターンと、2段段差の後の右ターンです。まずはイン。

小石を登ってから左へタイトターン。何度も「マシンが寝ていない、ハンドルで切っている」と言われる。自分ではそうしているように思えるのだが、後ろからのビデオではまるっきり寝ていない。

すぐに右ターン、段差登りの準備。

二度ぶかしで小ステアを上がる。

すぐに右ターンで下に下りる。

左ターンして2段登りの準備。

一段目は真ん中にスリットがあるのでそこを通す。

二段目にフロントを当ててからの右ターンが今回の一番の課題。                        ①右側の大石が内輪差で後輪にあたる。                          ②後輪を段差で抜重しなければならない。                          ②フロントの通り道に段差がある。                           で、いろいろ考えていると右に切れなくて前の大石へフロントが・・・。           それから、ステップ加重に2種類。                             ①右ステップ加重、左身体寄せの王道。                          ②左ステップ加重、右は少しでスムーズに抜ける。一定のスピードが必要。今回は②でクリーンでしたが、難しい①でもやってみたい。

これはクリーンしたときの写真ですが、何とかなんです。                    が、視線は前右を向いていた方が良いですね。精一杯なのですよ。

更に右ターンして、下におります。この時はホッとしているのです。

そしてアウトです。

またまた良い勉強となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です