トライアル技術の難しさ の巻

日曜日は仕事がなかったので、トライアル練習に向かう。                   晴れの予報でしたが曇り、私のトライアル技術も曇りの一日でした。

まずはK沢へ行く。B師匠設定のこれまでのセクション復習。                        八の字ターンは大分ぶれないでできるようになりました。基本はクラッチ使わずです。    が、セクションになると、上手くできたりできなかったり。これつまりできていないと言うことですね。                                         人が増えてきそうなので、見切りを付けてSヶ島へ移動。

第一練習場は既に来た方がマーカーを置いていたので、迷惑にならないように復習ラインを3度ほどやって第3練習場へ。

新しく作ったセクションを何度かトライ、クリーンはできませんでしたが、良い感じで第2練習場へ移動。

ここでは日曜日組がセクションを作ってトライをはじめるところだったので、仲間入り。    しかし、身体の動きが思わしくなく、全くダメ・・・。                   B師匠の教えが身体で表現されていません。ステップの加重意識が、実際の動きの中では飛んでしまっているのです。

ここで負けてはいけない! 低身体能力と老いに負けないガッツをね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です