公魚釣り竿置き作製の巻

山中湖のドーム船(しゅうすい屋)釣りでは自分の椅子を持参していますが、既製品の竿置きでは少々低いので、作ることにしました。

教室に桐の箱があったので、その蓋を利用することにしました。これを適当にカット。

ベースは使っていない三脚を利用します。このアイデアは戸倉父ちゃん会「釣り吉スーさん」の真似です。

三脚への固定具ネジ用の穴(少し小さめの径)を板の中央に開けます。

こんなイメージです。固定補助には両面テープを使います。

板にサンダーをかけてから塗装します。桐なのでしっかりと。

滑り止めシートを板に合わせてカットします。

塗装が完全に乾かないうちに押しつけるとピッタリ着きます。

で、こんな感じで出来上がりです。

早く実践で使いたいですね。 楽しみです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です