今季初 銀山湖釣行の巻

ボートを引っ張り、久しぶりの銀山湖へ。

木曜日、仕事を終えてからだったので銀山平待機駐車場には21時前に到着。                        早速「居酒屋じ~じ」の開店です。今回は骨付き鳥・軟骨・煮豚・チェリソの燻製とナスとキュウリの漬け物、生協で購入しておいたマグロで乾杯。幸せな一時ですね。

4時起床、レイトロの準備と朝食をいただいてから受付の小屋へ。               スロープが今一つの状態で、一つ目は遊覧船桟橋の固定ロープで、二つ目は流木と傾斜が足らずで、その中間のゴロタ石がないところから強引に下ろすことにする。               エンジンはキャブレターを部品を外して念入りに掃除したので、一発始動、回転も良く、生簀に水が入っていても時速35km出ていました。

天気は良すぎるくらい。実釣は時速3kmほどなのでパラソルがないときついです。       さて、アタリの方は琵琶湖の時と同じ尺上ウグイが食ってきます。で、棚を3色ほど下げて中ノ俣出会いでチビサクラがヒット。

馬の背の向かいを流す。いつ見ても独特ですね。ゴジラの背と言った方が・・・。

遠くに見えるのが奥只見ダム。 さて、仕入れ沢に入り込んでから大きな当たり、岩魚が上がりました。

 

あまりに暑いのと、2匹釣れたことで、お昼に終了としました。       伝之助小屋の庭テーブルで捌くことに。岩魚は昆布締め、チビサクラは塩漬けにしました。

 

 

温泉に入ってから、小屋の夕食です。           メインは熊汁。なかなか美味しかったですよ。

お酒をいただいたので、部屋に入るとすぐに寝てしまいました。お恥ずかしい、歯も磨かず、入れ歯も取らず・・・・・。

 

小屋の裏にある露天風呂。       朝日を浴びて良い景色ですね。

 

 

 

いつもは年券購入で5月に現れるじ~じが来ないので、「病気かと思って心配していたんだ。」と、おやっさん。ママさんは体調不良で下暮らし(町の家)だそうで、心配です。

 

 

また、8月にもお邪魔しますね。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です