空海さんを訪ねる旅、第二の巻

                唐招提寺、金堂(手前)・講堂(奥)・鼓楼(右)

2日目は唐招提寺と薬師寺を訪ねます。

キャンプ場で朝食をいただいてから、奈良へ出立。

唐招提寺は中国から来朝した鑑真によって759年に創建された律宗の総本山です。国宝が沢山! 表の写真、金堂・講堂・鼓楼、そしてこの校倉様式の宝蔵と経蔵もそうです。

梵鐘は平安時代初期の作だそうです。

鑑真さんの御廟の途中、苔庭があります。

鑑真さんの御廟。 静かです。

中国からのお坊さん、やはり唐招提寺ですね。

 

朝食が6時頃と早かったので、お腹が空いて、ちょっと美味しい物を。             元気回復、お隣の法相宗大本山薬師寺へ向かう。

金堂(S/42)と講堂(H/15)は新しく造営された建物です。                 しかし、国宝の薬師三尊像、聖観世音菩薩像はやはり良いですね。              特に聖観世音菩薩像は見惚れてしまいます。

東塔と共に残る、国宝の東院堂。 東塔は残念ながら修復中でした。             北側の玄奘三蔵院伽藍・大唐西域壁画殿に納められている、平山郁夫画伯の描いた壁画が素晴らしい。素人でも圧倒されてしまいました。

さて、2つのお寺さんであっという間に時間が過ぎ、急ぎ和歌山へ向かう。

昭和33年に復元された和歌山城です。

紀州藩の系譜です。五代将軍吉宗は紀州からでしたね。

茶店でお団子、私はアイスでした。                            私の発達センター時代後輩の嫁さんが南方熊楠の家系で、今考えると、熊楠ゆかりの地へ行った方が良かったかなと思っています。機会があったらそうします。

宿泊は市内のホテル、ここからの夜景は見事でした。

高野山に続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です