TLR200公道化計画その1 の巻

昨年TLR200が教室に来てから、コンペ仕様を公道化仕様にすべく、努力してきましたが、ようやく目途が立ちました。

外装は写真の3点、

①タンクシェルターはショップのNARITAさんに特注で作ってもらいました。色はオレンジレッドの単色(ホンダ色)、これは私の塗っていた色とほぼ同じです。特注と言っても、ガソリンタンクがついていない全くのシェルターですし、ホンダのトリコロール3色よりお安いのですよ。    現在使っているのは、ずいぶん前にNARITAさんが作っていたアルミタンクとシェルターのセット物で、アルミタンクは貴重品で、そのまま使えますのでね。

②ヘッドライトケースは中古で手に入れ、凸凹を磨いて平らにし、クリアーを施したものです。ウィンカーは小型のものを調達し取り付けました。配線系統は幸い生きていました。

③リアフェンダーも純正の中古を磨いて磨いて平にし、やはりクリアーをかけたものです。リアランプはレトロなものを2つ調達し、合わせて作ったものです。ウィンカーステーは自作です。

やり直しが多く、時間がかかりました。しかし、問題は中身の電装系です。バッテリーレス、12ボルト化等、20年前に行ったことを思い出しつつ、部品を揃え、1年かかりました。

今後部分ごとに記事にする予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です