K沢での個別指導進む の巻

華の金曜日、K沢へ行く。                                いつもは早いので誰もいませんが、今回は黙々と練習する4stライダー1人。迷惑にならないようにこれまで習ったラインを復習。彼しばらくして、帰り支度、挨拶をしてさーっと帰って行きました。そして静かな時間に。

ところで気づきませんか? ジャージを作りました。と言ってもアイロンプリント。剥がれないか試し着です。ロゴの「アワース」はいつも世話になっている国分寺のバイクショップです。使わせてもらいました。

さて今回は結構難しいターンの練習。 セクションインして左に曲がります。

この時、少し登りなので後傾姿勢になっています。これだと、前輪が浮き気味になり、右に曲がりずらくなります。当然マシンはまっすぐ行こうとします。何回かは左の青マーカーを超えてしまいました。

ほぼ真っ直ぐに進み、左へのターン。左側に石があるので、なかなかのタイトターンですが、ここはほぼフラットなので、スムーズに回っています。

ここが問題のターンで、前輪の所に石があり、後輪は内輪差を利用して石の右側を通るよう設定されています。が、なかなか出来ません。B師匠は後輪を石の右端に当てて通過するのですが、ムムム・・・。

で、結局後輪石の上通過でOKとなりました。

左ターン。

そして、セクションアウトとなります。                          今回の課題は後傾をいかに是正するか、でした。特に登りで後傾になると、前輪に負荷がかからなくなり、前輪の向きには曲がりづらくなります。平地でのターンを見てもらいましたが、ステップを押し出しているとのこと。これでは後傾になりますね。八の字ターンのやり直しです。

もう一つの問題、ジャージはいかに?? 残念、ウィングマークの一部が剥がれていました。元の白シャツが化繊なので、アイロンの温度が低かったようです。洗濯してからもう一度高温で押し当てるとくっついてくれました。次回もう一回試してみますが、プリント面積が多いと難しいでしょうね。

B師匠、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K沢での個別指導進む の巻」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です