K沢にて個別指導の巻

お休みの金曜日、K沢へ早朝出発、7時過ぎには到着。まだ誰もいません。

ずいぶんと春らしくなってきました。 近くを散策。

 

 

少し奥へ入ると小さな滝があります。

 

 

 

 

 

 

 

芽吹いていますね。                                   この場所での復習を何度となく行う。

9時頃師匠が来所、今回の個別課題は「ターン時のマシンの傾き」です。                     セクションに入り、左ターンします。身体は横に行きかけていますが、マシンは傾いていません。今までマシンを傾けて曲がっていたつもりでしたが、まだまだ足りないようで、八の字ターンからやり直しです。肝心なのは左右のステップ加重なのですね。

2つの低い岩盤を超え、突き当たりを急な右ターン。ここがなかなか出来ませんでした。     この写真は良いときのもので、スムーズにターンできました。

緩い右ターン。

下がってから左ターン。

右ターンへ行くまで、写真後輪に赤マーカーがあります。これを踏まないように。

前輪を凸に載せる必要があります。

そして、何度トライしたのでしょうか・・・、とにかくクリーンでした。           少しドヤ顔、まあ良かった。

B師匠の厳しい指導に負けないように頑張りました。                    この歳になって、生徒になることは新鮮ですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K沢にて個別指導の巻」への2件のフィードバック

  1. なんでやねん夫婦

    ターンなのですがわたしは他の人のを見た事がないのでどうしていいのかわかりません 小さいターンはベタベタに寝かせて出来るだけハンドルを切るようにしています 基礎は誰かに教わらないとだめですね 我流じゃどうしてもだめですね

    返信
    1. jiji 投稿作成者

      ご夫婦さん、おはようございます。
      そうなんです。我流だとどうしてもだめなんです。 それでお願いして指導を受けています。
      何度も言われたのが、ハンドルで切らない、左右ステップの踏み替えでマシンを寝かせて曲がる。これがなかなか難しいのです。どうしても上体に力が入って、ハンドルを切ってしまうんですね。 これからも頑張ります。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です