TLR200、リアフェンダー加工の巻

じ~じのTLR200リアフェンダーは純正ではなく、前のオーナーが他車種の物を流用し、手を加えたようなフェンダーでした。これも良いのですが、何せ短足、加えて人工股関節なので足が上がらず、フェンダーの高い位置にブーツが当たってしまうのです。 で、そう、塗装が剥げるのです。

以前にフェンダー固定のボルト穴を上に上げ、少しフェンダー位置を下げたのですが、それでもまだまだ。今回は更に穴を1cm上げ、余分なフェンダーをカットしました。特に、エアクリーナーボックスに当たっていたフェンダーの奥側をカットし、先端部がきちんとフレームに当たるようにしました。結構以前の加工はお粗末でしたね。

で、結構スッキリと。

 

上が当初位置、右が今回です。

 

お休みの金曜日、K沢でB師匠の特訓を受け、 帰宅してからの加工でした。

ところで、その個別指導、良いのです。勉強になります。                                                               ターンの時の踏み足加重を重点にセクションを作り、実践なのですが、クリーン出来てもだめなのです。きちんとターンのための踏み足加重ができているか、マシンの傾き、腰の位置等、ちゃんとチェックしてくれます。

ビデオを撮っているので、ユーチューブにアップできたら、初心者の方は勉強になると思います。いずれその方は専門家に相談です。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です