活き剣先烏賊(イカ)の巻

知人から電話があり、烏賊を届けるとのこと。  そして、ピンポーン!           ステンボールを持って玄関に行くと、オオッと、酸素パッキング、活きてる!!

剣先烏賊君です。

胴体に包丁が触れると、足が絡みついてきます。 ごめんね、頭に包丁を入れしめます。    そして、捌いてお皿に。ちょっと雑だったかな。そう、肝も忘れずに。

今夜はマグロのあら煮も一緒にいただきますよ。お酒は出たばっかりの吟醸新しぼりです。   とても贅沢な晩酌でした。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です