柴又 初詣の巻

私が十代の頃から年に一回は出かけている柴又帝釈天へ初詣。

年に一回と前記しましたが、昨年は孫の参加調整で延期延期で行きそびれてしまいました。 すると、駅前に新たな像が。そう、倍賞千恵子さん、いやいや、サクラさんですね。           さて、恒例の第一、まずは升酒(だったのに・・・)、と焼き鳥です。吉の川は好きなお酒ですので、グットグットで、まあいっか。

参道に入り、第2は大和屋さんで並天を食べます。

 

ここのタレは美味しいんですよ。      それから おでんと熱燗も 忘れずにね。

 

 

 

3番目はおせんべいの金子屋さん。     家人が結構買っておりましたよ。

 

 

4番目は松屋さんのタンキリ飴。

参道最後のお店は佃煮の大徳さんです。今回はちりめん山椒と高菜昆布を調達。

そしてお参りです。

お煙を頭、腰、股関節等に。

山本亭のお庭を抜けて、河川敷へ。ここでおせんべいをかじりながら、ボリボリ、のんびり。  矢切の渡し、乗ってますね。

トコトコ駅に戻り、6番目、今川焼きを食べます。 わたしはもちろん粒あんこです。はい。

今年も帝釈天にお参りできました。感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

柴又 初詣の巻」への2件のフィードバック

  1. jam

    股関節ですね、一瞬「股間」かと思って米吹きました(笑
    ちなみにアンコはツブもコシも節操なく好きです。

    返信
    1. jiji 投稿作成者

      jamさん、今日は
      私はコシは食べないですね。ツブ大好き人間です。カスタードも好きですけどね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です