組木フェスティバル in 飯能 の巻 

組木作家の古川さん(支援学校教諭)からフェスティバルの案内が来ました。長男夫婦が飯能在住なので、次女の家族と一緒に出かけることにしました。                   飯能は今、西川材というブランドでいろんな作品を生み出して、大切にしたい木の世界を提供し始めています。

有りましたよ。 これは古川さんの作品ですね。                      ライオンの弥次郎兵衛、動きがとても可愛いんですよ。

作品説明です。

当日は組木の第一人者小黒三郎さんもいらしていて、糸鋸の実演をしてくれました。

 

 

小黒さんの作品です。           右側の競馬、動きがゆったりとして、とても素敵です。

 

 

 

全国の組木作家27人の方の作品が展示されています。 これは木の妖精ですね。

 

次女の婿さんと、長男、糸鋸体験コーナーで挑戦、子どもに作品を作っていました。

 

 

 

一輪挿し。

 

おひな様と5月人形。

まだまだ沢山の作品が展示されていましたよ。

 

 

古川さん、ご苦労様でした。これからも良い作品を作ってくださいね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です