チビ孫ちゃん4ヶ月の巻

12月8日に生まれた一番小さい孫が4ヶ月目に入った。丸々と太って、素晴らしい!
1ヶ月の時と比べると、ぜーんぜん!
この子、愛嬌が良く、良く笑い、赤ちゃん喋りを良くします。                           この子の母親は、生まれてからずっと通常の話し言葉で感心するほどまめに働きかけてきてきました。オー良くやってる、と。                                               私はと言うと、話し言葉ではなく、フェースパフォーマンスと抑揚のある声かけで対応してきました。一番にしてきたのは古典的な「レロレロレロ、バー」です。この働きかけをすると100%笑ってくれ、その後に「オー」とか、「エー」とか、お話をしてくれます。こちらも同じように返答していくと、何となく会話が成立してくるのです。簡単に言うと、シンプルイズベスト、かな。 月数が進めば言葉書けも必要になりますが、私は気持ちが通じ合うシンプルなコミュニケーションが一番大切かなと思っています、良く学生や研修を受けに来た保育士さんたちにも話す、ノンバーバルコミュニケーションの重要性とでも言いましょうかね。この辺の領域が赤ちゃんや、障がいを持った子どもたちへの対応では大切なのではないでしょうか。

チビ孫ちゃん4ヶ月の巻」への2件のフィードバック

  1. よっぱらい

    孫はかわいいですね 私も娘ばっかりだったので孫は8人います 名前覚えるのも大変でした
    今年の6月にまた一人増えます 一番上の孫が小さい頃叱ってひっぱたくとくそじじ~と言って走ってにげるのを思い出します 男の子はやんちゃで女の子はひっつきむしです 
    これからが楽しみですね

    返信
    1. jiji 投稿作成者

      Yさん、おはようございます。
      孫8人で、今年9人目になるとのこと、爺婆冥利に尽きますね。
      こちらはこの子で6人目です。
      仕事が子どもについてなので、0歳児の発達を実際に観ることができ、とても楽しい時期なのですよ。
      さて、こちらただ今、マフラー交換中です。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です