檜原湖穴釣り今季初、の巻

(ビックリな極小公魚)

昨年度は下肢の不調でテント穴釣りはできませんでしたが、今年は一回でも、と言うことで出かけました。

(道の駅に止めて)

(寝床を作ってから)
居酒屋じ~じの開店です。本日の持参物は燻製5種とあたりめ、煮物です。                  燻製はチーズ、チェリソ、鰯のつみれ、ちくわ、煮豚です。                          あたりめはスルメを3日間お酒と少々のミリンでつけ込んで、次に醤油とミリンと鷹の爪で2日間、そして軽く焼いてできあがりです。結構柔らかくて美味しいのですよ。煮物は大根・ニンジン・インゲン・鶏モモ・干し椎茸です。左側は色が黒く移っていますが、もっと綺麗です。大好きな地元調達の馬刺しです。

翌朝は4時起床、コーヒーを飲んで、支度をして釣り券受付へ。 受付の方が言うには、釣れてないとのこと。漁協が大量の稚魚を放流し、とにかく型が小さく、釣れないとのこと。 天気は雪時々曇り。
じ~じの調べたポイントへ行き穴開け、厚くて、回しきれないので、スコップで周りを削ってからもう一度。 ゼイゼイ、心臓に悪い・・・。 魚探を下げると魚影あり、これは行けそうだ!

 

火器はコールマンのピーク1、すぐに暖かくなりました。一応空気の状況を見張る器具を置く。
昼食はパン焼き、オプティマスクラックスと焼き網をセットします。美味いね!

天気は良くなり、良い景色。


 

さて釣果は3cmのチビ公魚2匹で終了。 初めてです。こんなの・・・・・。 焼いてきちんといただきましたよ。

さて、隣のテント(県内3人組)は早々に撤去退散、やはり同じのようです。

こちらも、そろそろね。

 

(ヨレヨレで歩いています。釣り人に撮ってもらう)

(晴れているとすごいね)

今期の穴釣りはこれで終了かな、残念ですが無理はできないですね。

次は3月の戸倉父ちゃん会公魚釣り合宿です。 楽しみです!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です