最近の公魚釣り仕掛けの巻

仕掛け-1

このところ自作している公魚釣り仕掛けの材料を紹介したいと思います。                      アウトドア教室で生徒さんを連れて行くこともあるので、こちらもどのように仕掛けを作ったらよいかを日々考えています。  生徒さん用には錘下針は付けず、5本針が使いやすいと思っています。

写真の横出しのダイワ製シンカーは私の好みの物なのですが、釣具店が言うには製造を中止しているとのことで、系列他店の在庫を調べてもらって、各何袋か調達しておきました。                     左が2g檜原湖用、右が3g山中湖用です。

仕掛け-2

PE側のスナップに繋ぐのは、平線ハリス止極小の丸環部、仕掛け側にハリス止部二重回し。         錘に繋ぐのはスナップオンリー0号を使用しています。 極シンプルで軽い仕掛けにしています。

仕掛け-3

針とハリスは以前は別々に購入し結んでいました。  が、老化現象で見えない、指が言うことを効かない、で難しくなり、糸付き針を使っています。     現在、真ん中のバリバスがお気に入りです。          山中湖はドーム船で狭いので5本針仕掛け、檜原湖は5本~7本針仕掛けを使用しています。両者とも自分用には錘に横針を付けます。                                                  エダス長は通常2cm~2.5cmです。4cm~5cmも作ってありますが、なかなか使う機会はありません。 仕掛けの収納は、団体で釣行した時に、他の方々から台紙と袋をいただいてます。 リサイクルですね。

仕掛け-4

錘用針は横だし、シリコンパイプに通して、ぷらぷら感を演出しています。

年内にもう一回行ければいいのですが、一昨日次女に長男が誕生し(孫6人目です)帰ってくるので、どうかな・・・。  年明けには檜原湖へ行くつもりです。 ハイ、そのつもり、ハイ・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です