風張林道 ランドナー歩く の 巻 その1

風張峠駐車場

1年ぶりのランドナーキャンピング、何処に行こうか散々悩みました。                         奥多摩周遊道路の風張峠は行ってみたいと思っていたので、まず峠は決定。 キャンプ地はいろいろ電話して調べ、小菅村のキャンプ場とする。                                           ルートについて、奥多摩周遊道路は中央分離ポールが多く立っているので、ノロノロじーじには危険なルート、それでは風張林道しかありません。 檜原村に問い合わせると、通行出来るとのこと。 よーしそれも決定。

五日市の駅  橘橋交差点

ライトオンで教室を5時5分に出発。 いつもそうなのですが、緊張感で一杯! いけるかな? どうしようもなくなったら長女に電話して迎えに来てもらおう・・・・・などなど。 そんなに考えるんだったら、行かなきゃ良いのに・・・・・ね。                                                          走り始めると、気分が少しずつ上向き、何とかなるか。                                  五日市駅を無事通過、本道との分岐、橘橋交差点を右折、旧道に入る。

神戸岩分岐 のコピー   藤倉マップ

神戸岩方面との分岐を直進。 右折すると以前真夏に行った苦しい思いで、鋸山林道の大ダワ越えとなります。 直進もう少し行くと小岩地区、ここは時坂(とっさか)峠越えの下りで来た所ですね。そして、藤倉の分岐に到着。                                                              ここで、通行についての掲示がしてあり、自転車含み通行出来ないとのこと。 役場の話と違います。 地図を見ながら思案していると、地元の軽トラの方が止まってくれ、「何処行くの?」、「風張林道です」、そうしたら、丁寧に道順を教えてくれ、自転車なら通れるとのこと。  よし、行ってみようか!               いつも思うのですが、キャンパーには地元の方々、温かく対応してくれることが多いですね、 感謝感謝!

白岩林道分岐  激坂

1kmほど走った所に教えてもらった折り返しの林道入り口がありました。  ここからが大変でした。激坂で、押し歩きの押し歩き。  しかし、ロケーションはすばらしい。 天空の城を思わせるような家もあり、きついけれど何とか檜原きのこセンターに到着。

きのこセンター  閉鎖林道入り口

このセンターから閉鎖部の林道入り口までほんの少しだけ乗車。 人家はここまでです。

補助食  紅葉今一つ

林道入り口で、カロリー補給休憩。                                               さて、ここで思案。 この林道、どうせ私の脚力では走破は無理だろう、しからば歩行者として押し歩こうか。そして、押し歩きの押し歩きがまた始まる。

高度計  1000m付近

高度が1000m近くなると、もう少しだもう少しと力が入ります。

風張峠出口  峠付近

そして、きのこセンターから1時間半、藤倉分岐から3時間で風張峠に到着、何とかつきましたと言うのが実感。       自転車は登山者用の柵から出られます。

月夜野第1駐車場ベンチ  お昼セット

押し歩きは半袖姿だったので、フリースとウィンドブレーカーを着込み、ダウンヒルです。 フロント両サイドバックに、スタンディング前傾姿勢、実に安定感があります。 そしてスピード出るわ出るわ。 後で確認すると最高57.9kmでした。 初心者の250ccバイクの方に追いついてしまう。 中高年暴走族です。

月夜野第一駐車場のベンチで昼食タイム、シンプルなソーメンカップと少量のカニ雑炊です。大汗をかいたので塩分、水分が嬉しい。

奥多摩湖遠景

この駐車場には望遠設置のカメラマンが3人ほど、何を撮っているか訪ねると「クマタカ」だそうです。 この下の方の駐車スペースにも何人もカメラマンがいました。 私は銀山湖でイヌワシを見たことがあります。

三頭橋

更にダウンヒル、三頭橋を左折、小菅村に向かいます。                                 小菅への道は上り坂なので、きついきつい。

キャンプ場受付

キャンプ場で教えてもらった、すずめのお宿の薬草風呂、訪ねてみると、きょうは出かけるのでお風呂はありませんとのこと。 これは困った! キャンピングに必要なのは温かいお風呂と居酒屋じーじなんです。   宿の人、あっさりと、「小菅の湯だね」、20分位かな?

仕方がないので、とりあえずキャンプ場まで、  無事到着、ほっ!

テントを設営してから、キャンプ場の奥さんに温泉の割引券をもらい、「小菅の湯まで20分ぐらいですよね」、すると、自転車だともっとかかるとの返答、不安を感じながらも仕方がないので走り登りましたが、これがえらい苦労・・・・・。

次回に続きます。

※初日のデータ    走行距離(押し歩き含む・・・) 79km      総走行時間 11時間50分

※写真は毎度のことで、クリックするときれに見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風張林道 ランドナー歩く の 巻 その1」への2件のフィードバック

  1. jam

    お風呂が遠いのはちょっと残念ですね~
    冷えた体は居酒屋じーじで温め直しですね!

    今更ですが赤いボトルが凄くカッコ良く見えます。

    返信
    1. jiji 投稿作成者

      jamさん、今日は
      赤いボトル、結構目立っていますね。 百円ショップで百超品ですが、2本買いましたよ。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です