小布施、銀山湖、檜枝岐へ の 巻

og-1

銀山湖の鱒類は9月までで禁漁となります。    なので、急ぎ、釣行を決める。               が、出発日は早く出られないので移動日、それではと、長野の小布施から巡ることにしました。

小布施は北斎ゆかりの地、先ずは記念館へ。 他の画家の肉筆絵を含めて、繊細、鮮やか! の印象。

og-2  og-3

小布施は栗の産地、まずは小布施堂で栗菓子を調達。

og-4  og-5

北斎亭で。 昔はこんな物食べませんでしたが、今は幸せになります。

og-8

さて、北斎亭に 人形のポスターが貼ってありました。 飯山市内に高橋まゆみ人形館があるとのこと。

og-6  og-7

慣れないナビに電話番号を入力し、おお、ちゃんと出てきました人形館。                      何とも日本の叙情を描いた作品。 心温まる一時を過ごさせて頂きました。(写真はインターネットより)

さあさあ、急ぎ山越えして長野から新潟魚沼へ行かねば。

og-9

今回の釣行はレンタル船で。 馴染みの伝之助小屋さんからお借りする。                     朝早く起きたのですが、準備に手間取って出船は6時。 これならマイボ-トの規制出船時間と同じ、意味無いなあ・・・・・。

og-10  og-11

出遅れのマイナス感がそのままに、アタリはさっぱり。 場所を大きく変えると、今度はウグイの猛攻・・・。 本命のアタリがありません。 やはり9月は難しいか・・・。 と意気消沈の時、グイッと竿を引っ張るアタリ。 おおっ! サクラマスをゲット! 良かった!   スプーンは琵琶マス用の緑です。               サクラはキープし、納竿してすぐに塩麹漬けにする。

og-12

伝之助小屋へ寄って、純米酒を仕入れ、尾瀬口、鷹ノ巣、御池を通って檜枝岐へ。               道路脇のそば畑はもう収穫の時期、新そばですよ。

og-113  og-14

サクラマスは翌日教室に戻ってから、刺身で美味しくいただきました。                        身のプリプリ感が有り、旨味が増し、なかなか良い保存方法ですよ。

長野、新潟、福島、1000km程走る、結構な釣行となりました。 寄り道もまた楽し、ですね。

※写真はクリックすると綺麗に観ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です