初めてのバス・パック旅行、山陰・山陽 2日目 の巻

2-1                               松 江 城

2日目は松江城、島根ワイナリー、出雲大社、足立美術館、そして宿泊地の倉敷へと、結構な長旅になる。

2-4  2-3           明治の賢人                          城から宍道湖を望む

松江城はなかなか良い感じのお城で、このお城を残すために奮闘した方々がいたとのこと、あの何でも壊してしまう時代、よく頑張ったなと、感心しました。

2-2  2-5

お堀では舟廻りができるようです。

島根ワイナリー、もちろん試飲できるのですが、じ~じの好きな渋味・枯れた赤はありませんでした。     甘くて口に合わないので、ジュースの方を飲みましたよ。

2-6                               神 楽 殿

出雲大社、神楽殿のしめ縄は立派ですね!!

2-7  2-8

おみやげセンターのボランティアガイドさんにお世話になりました。 とても明快でユーモアがあり、良いガイドさんでした。元教員だそうです。                                               右の写真は、石積みの上面に合わせて柵の下面を切っていき、尚かつ全体が水平になる様にする、宮大工の技と言っておりました。

2-9  2-11              拝 殿                             八足門(奥が本殿)

平日と言うこともあり、思ったほどの人出はありませんでした。

2-10  2-12

昔の本殿は48mの高さがあったとのこと。その証拠が改修の折に発見されたとの掲示板。          3本一組の太い柱が本殿と階段を支えていたのですね。                                八足門の前に柱がどこにあったかを円く示してありました。                               本殿写真の右側傾斜屋根の部分が延々と48m地上まで繋がっていたと言うことですね。

2-13  2-14

神無月(出雲では神有月)に沢山の神様がここに集まるので、そのために用意されたお部屋ですね。

大社を後にして、忙しく足立美術館へ移動です。 きょうもお昼はオプションのお弁当を注文、バスの中で食べる。

2-15  2-16            駐車場側から                      茶室 寿楽庵 で休憩

家人は美術館廻りが大好き。 私は自分からは行きません。 山や湖の自然の美、また音が良いんですね。今回はセットになっているので、私もじっくり見させて頂きました。 やはり、横山大観、竹内栖鳳、川井玉堂、橋本関雪 良いですね。 素人でも何か感じるものがありました。 陶器では北大路魯山人、河井寛次郎、私でも知っている陶芸家の作品は見る価値があります。

2-17  2-18

庭園は12年連続日本一だそうです。

時計を見ると、出発時間が近い、結局全館は観覧できず終了、バスに戻る。                   一番遅かったので、添乗員さんがハラハラして待っていました。

さあ本日の観光は終了、これから倉敷までの長い距離を走り抜きます。                       駅前ホテルに着いた時は疲れた!! と言う感じ。  シャワーを浴びて、近くの飲食店で日本酒を飲みながら家人と乾杯。 戻ってすぐに就寝となりました。

次回に続く。

※写真はクリックすると綺麗に見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてのバス・パック旅行、山陰・山陽 2日目 の巻」への2件のフィードバック

  1. jam

    ガイドさんの写真の次、石垣に木製の柵の合わせ方が匠の技術なんでしょうね。
    お天気に恵まれていますね!

    返信
    1. jiji 投稿作成者

      jamさん、今日は
      天気に恵まれて、持っていった洋服と合わず、暑かったです。
      ガイドさんが居ると、通常気が付かないポイントを教えてくれるので、勉強になりますね。

      返信

jiji へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です