まるで氷上釣り、山中湖の巻

雪の山中湖-1                            午前6時半頃の桟橋

金曜日はお休み、ランドナークッキングを予定していましたが、予報は雪。                     そうであれば山中湖へ行って、雪の中でのワカサギ釣り。                               即刻、ドーム船の予約を入れて、木曜日の仕事が終わってから出かける。

雪の山中湖-2  雪の山中湖-3

途中のPAで車中泊。                                                       お風呂は入ってきたので、早速居酒屋じ~じの開店です。                               チェリソ・サラダに鮪ブツ、鶏肉・白うど・長いも・大根・人参・椎茸の煮物です。結構豪華でしょ。

翌日早いので、深酒せずにお休みなさい、です。 ハイエース200系は広いので、ゆっくり眠ることができます。

雪の山中湖-4  雪の山中湖-5

表写真の様に、ドーム船しゅうすい屋さんへ着くと雪だらけ。 薄氷に雪が積もり重たくなり、帰港が難しくなるので早めの納竿約束で出航する。                                             釣り人は大人4人に子ども1人だけ。                                             これならばK-zan桐電動2本でOK。 プラス、軽い錘を選択。 右2g負荷、左は3g負荷。 流れがほとんど無かったので両方2gでもOKでした。 まるで氷上釣りのようでした。                          朝一番は入れ食いでしたが8時半を過ぎるとポツポツとしたアタリ。 集中して1匹ずつかけていく。     雪が止まず、外は全面結氷の様な状態、やはり早めの11時40分納竿となる。 釣果は135匹、底ねらいオンリーでは良い釣果だと思います。 魚探は用意しましたが、結局使いませんでした。             前回記事の錘下針加工は、結構下針に掛かってきたので、良かったのではないかと思っています。

雪の山中湖-6  雪の山中湖-7

桟橋に戻るとやはり雪だらけ、駐車場も結構積もっていました。

湖畔道路の138号線もこの通り、裏磐梯檜原湖へ行った気分になりました。                   ゆっくりと教室まで帰る。

※写真はクリックすると綺麗に見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

まるで氷上釣り、山中湖の巻」への2件のフィードバック

  1. 髭ジィ

    こんにちは。
    いつもじ~じ様は行動的で、大変うらやましく思います。
    「髭ジィ」も見習わなくてはと思っているのですけれど
    何かとマイナーな言い訳を自分にし、行動に起こせません。

    明日から2月、初旬に長瀞アルプスから「宝登山」へ
    「ロウバイ」を観に行こうと計画していますが
    どうなる事やら。

    返信
    1. jiji 投稿作成者

      髭ジイさんへ、
      動ける内が花、友人が亡くなったり、検診でいろいろ出てきたり、そう言う時代に入って、後悔がない様に能動的に生きようと思っています。
      ハイキングコースが整備されているようですね。宝登山、昔家内とロープウェイで行った様な気がします。私秩父生まれなんです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です