釣行から湿原散策へ その2 の巻

銀山湖-1

夜明け前に銀山湖・伝之助小屋の桟橋に行く。 幸いに小雨程度、仕掛けの準備をして出発。

銀山湖-2  銀山湖-3

しかし、ポイント手前で流し始めたら、雲行きが怪しくなり、雷音が近づいてくる。                  これはダメだと仕掛けを回収し、桟橋に戻る。 北の又川からどんどん濁流が入ってくる。 土砂降りで、自動膨張のライフジャケットが開いてしまう。 これまでにない降りでした。 マイボートだといろいろ手間が掛かるので、今回はレンタルで良かった。                                               トローリングは諦め、伝之助小屋へ行って、純米荒沢岳雪中蔵を調達し、国道252号線を檜枝岐へ移動する。 大雨で落石有りでしたが、段々天気が回復してきました。

252号線から-1  252号線から-2        そばの花が綺麗                    昔苦労して登った平ヶ岳登山口(鷹ノ巣)

252号線から-3  252号線から-4                                              檜枝岐の舞台

御池を超え、檜枝岐に下りる。 釣りがダメなら田舎歌舞伎の舞台比べです。

252号線から-5  252号線から-6                                               大桃の舞台

舞台の趣は大桃地区、観客席は圧巻の檜枝岐地区です。

前沢曲屋集落-1

この地区での渓流はやらないので、「郷土を観る」と言う事で、舘岩村前沢の曲屋集落へ行く事にしました。この集落は居住地区で、生活領域へ踏み込まないように見学する事が大切です。

前沢曲屋集落-2  前沢曲屋集落-3           現役の水車                                薬師堂

前沢曲屋集落-4  前沢曲屋集落-5             曲屋資料館                            内部

帰り際に、工芸・土産物館へ寄ってみましたが、係の同年配の方がお茶と漬け物を出してくれました。    その漬け物がとても美味しく、そうめんカボチャとミョウガを醤油漬けにしたものでした。             これは私も作ってみようと、売っていたそうめんカボチャをゲット。                           (帰宅してから家で取れたミョウガと漬けたところ、美味しくできましたよ)                      加えて、今まで見向きもしなかった、目薬の木も購入。(現在、煎じて飲んでますよ)

キャンプ場-1                               蒲 生 岳

只見町へ移動し、キャンプ場へ入る。

キャンプ場-2  キャンプ場-3

残念ながら、ここまでお魚さんの姿を見ていないので、仕方なく、現地で鮎を仕入れて、燻製にしてみました。 私の入る予定の渓流は増水濁りが激しく、断念。

キャンプ場-4  キャンプ場-5

お隣さんと、肴を出しあいっこして、楽しい夕餉となりました。   鯖・ウィンナのロースト、くさや、ソフトビーフジャーキー、古漬け、そして根菜と烏賊の煮付け、もちろん鮎の燻製も。 その他いろいろでした。

そして、バタンキュー  お休みなさい。

次回に続く

※写真はクリックすると綺麗に観る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です