TL125で地震の影響は?そして練習の巻

 日曜日早朝K沢へ。 大きな地震があったので、お世話になったK沢練習場を観に行く。 見る限りはこれまでと全く変わらず、と言うことでした。 崩れやすいところは昨年の12月の地震で崩れちゃったのかな?

 川沿いの小道でSヶ島へ移動。 今朝の鉄塔は曇り、何だか寂しそうな雰囲気。

 さて、第1練習場で前回の復習。 肝心な部分だけビデオに撮りました。 ただ、前回から何回も通っているラインなので、大分整ってきてしまっていますね。

 この場所でタメをつくり、ラインを把握します。

 前回も書きましたが、躊躇せず左ターン。

 フロントを上げる位置は、木の根の出っ張り部分、濡れていなければグリップするところなのですが、その前の後輪の不安定感が気持ちに反映する、万年ビギナーの性を表立たせる箇所なのですね。 でも何とかフロントアップ。 でも雨後などはどうするのでしょう・・・? 考えねば。

 後輪上がる。

 次が問題です。 フロントが段差に当たり跳ね上がっています。 これは2段目まで意識がいっていなかった証拠ですね。

 これは3回目の同じ場所、フロントを意識的にあげ、段差に沿わせています。

 そしてクリーンです。 ビデオに撮るといろいろ観えてきて面白く、勉強になります。

 さて、場所を第3に移し、クネクネセクションです。前半部分はカットして有りますが、後半途中に太枝を置き少しだけ難度を上げてみました。 何とかクリーン。 気分良く帰路につきました。

 さて、福島の地震について、心配で何軒か連絡を入れました。地域や建物の構造で相違はあるようですが、とにかく相当揺れたみたいです。連絡箇所に限っては大きな損傷という面では大丈夫だったようですが、精神的なダメージは結構有ったと推測します。 10年前は支援物資を車に積んで出かけましたが、今後余震が少なく小さいことを祈るばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です