TLR200、改造その後の巻

 華金、早朝K沢へ。 先日のTL125で練習したセクションを200で復習してみる。 何だか身体が硬くて、最初ギグシャクしていましたが、そのうち温まって動きは戻りました。

 エンジンを載せ替えてから、写真右のクラッチケーブルホルダーの角度を変えていませんでしたので、昨日真っ直ぐになるようにしましたが、クラッチのタッチが随分軽くなりました。クラッチエクステンションバーを付けて少し長くなっている分、角度を変える必要があるのですね。

 リアブレーキスプリングのカバーを逆に付けていたので、ブレーキロッドと干渉しやすい部分に付け直しました。

フロントブレーキケーブルクランパー
チェーンアジャスター

 ニッケルメッキしたクランパーとアジャスター、それからフランジナットと前の写真のブレーキスプリング、錆びていませんね。 他にメッキしたボルト類には錆が出てきたものもあり、これからいろいろお勉強という所です。

 ツートラ用ジェルクッション、やはりこれは良いようです。

 K沢でノンビリ練習し、そのまま帰路につく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です