TL125改造の巻

 TL125フィールドトリッパーの改造に取り組むことにしました。 と言ってもTLR200のお下がりを身につけるだけですが。

 まずは200から取り外したWES社製マフラーを磨きます。

 エキパイの錆取りをして塗装。小物も。

 200のスウィングアームをバラし、錆取り。 当面200の方を使い、その間、125の物は時間を掛けて塗装します。

 今回初めて亜鉛メッキ塗装をしてみました。 この塗膜は面白いのです。 乾いてから研こうと400番を使いましたが、全くダメ。 ドリルに粗めの番を付けてキュイーンとやると、光ってきました。結構頑丈な塗膜なんですね。

 チェーンテンショナーのバネをニッケルメッキしました。 アダプターが途中でダメになり、乾電池に変更。

 結構綺麗に出来ました。

 チェーンはそのまま使うので、一晩洗い油につけて、ゴシゴシ。 オイルづけにしました。

 そして組み付けて、今日は終了です。 アルミっぽいスウィングアームになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です