Fフォークボトムケース研磨等の巻

 今回はフロントフォークのボトムケース、リアクッション等を洗浄研磨することにしました。

 写真のような現状。

 サンダーと120番の粗めで磨きます。 その後、番手をあげて水研ぎ。 アルミ無垢で仕上げます。

 傷取りは浅い物だけにしておきました。 インナーは以前アワーズさんに頼んで再メッキしたので、ブリッジが噛む部分をサッと磨いて終了です。

 リアクッションはスプリングはそのまま、洗浄だけで済まします。稼働状況は問題なし。トライアル中断の20年前にはスプリング外し工具を持っていましたが、手放してしまい今は無し。力業はもういいかな。 このクッションにはコサカさんの長さ増しキットが付いています。ご本人に伺ったら、エンジン髙を若干上げるために作ったらしいです。今では珍しい部品ですね。

 先日塗装したエアークリーナーケース・プロテクター板の固定ビスが2本欠、で作ることに。

 結構短いビスだったので、似たような物をグラインダーで削ることにしました。左:削る前 中:削った物 右:純正

 はい、出来上がりです。  さて次は何? ですが、今日右目の白内障手術なので、作業は一時中断かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です