TLR200バラバラの卷

 TLR200のフレーム塗装をすることになりました。 で、バラバラに。しかし、スィングアームのピボットボルトがカラーと固着してなかなか抜けず、CRCを吹き込んで、困ったときの「アワーズ」さんに持ち込む。 するとやはりプロ、すぐに抜くことが出来ました。ネジ山も切り直してくれ、感謝です。

 部品の置き場所に困りますよね。 とりあえずはハイエースの中に入れ込んで、写真のために主要な物だけ取り出す。

 オリジナルに戻すことは無いので、サイドカバー取り付けホール等不要部位をフレームから切り取りました。

 今回、フレーム塗装は知り合いの板金屋さんが超格安で対応してくれるというので、それなら プロの方が、と言うことになりました。タンク緩衝材のスポンジを取り除いて出すことに。

 まだ使える部品は洗浄してオイル漬けにします。

 エアークリーナーケースはお湯と洗剤で洗浄。

 ケースはバフがけの後クリアー塗装、プロテクター板はシルバー塗装しました。

 フレーム塗装が出来上るまでに、やることが沢山あります。それも楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です