ツートラ用ジェルクッション2作目の巻

シートを載せてみました

 ツーリングトライアル用のジェルクッション・シート、試作品を改良して作ることにしました。

 材料は、左上:ソフトスポンジ(クッションの上に貼る) 右上:やや硬スポンジ(クッションベース) 左下:合皮布(表用) 右下:ジェルクッション(試作品の残り)  

 試作品のジェルクッションだけのシートではお尻を支える面積が狭く、効果が思ったほどありませんでした。で、上下にスポンジをプラスし、少し大きめに、と言うことで作業に入りました。

 ベースをタンクシェルターシート部に合わせてカット。2つ分とれます。

 ジェルクッションの中央部が薄くなっているので均一にします。

 3層のクッション。

 上下のスポンジには両面テープが付いているので、上側ソフトをまず合皮にピッタリ貼ります。次にジェルとベースを載せて、ベースの両面テープで合皮を借り止めします。

 裏側にカット合皮を両面テープでしっかり押さえ貼り、

 出来上がりです。 

 マジックテープでシェルターに装着しました。 試走状況はまずまず、お尻に意識が行かなかったので、それは良い証拠でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です