河岸段丘 川沿いを走るの巻その2(ひの坂謂れ付き)

静かなK沢

 華金、早朝K沢へ。 準備運動をして練習に入る。 しかし最初の想定セクションで、左膝がギクッ! これはちょっとまずいな・・・。 少し歩いて様子を観るが、無理しなければ大丈夫そう。 で小一時間軽めに練習してSヶ島へ移動。

 今日も段丘上・土手上の川寄りの小道を走る。良い景色です。

 前回も登ったつづら折りの坂道、「ひの坂」と言うのだそうです。名前が付いているのですから、何かいわれがあるのでしょうね。 → 調べてみました。(相武電鉄浅間森電車庫付属資料館HPより)

「火の坂」とも言われるこの坂には、次のような伝説が残っています。
 昔、この坂の上に綿糸を紡いで暮らしていたお婆さんがいたそうです。
 ある秋の夜、『今夜は寒いので、暖をとらせて下さい』と言う声に、お婆さんが戸を開けると、見知らぬみすぼらしい男が入ってきて、何も言わずに囲炉裏端に座り込んで暖をとり始めました。お婆さんは『こいつはタヌキだな』と思いましたが、何も言わずに暖をとらせてやったそうです。
 その男に化けたタヌキは、それから毎日のよう勝手に上がりこむと我が物顔で囲炉裏の火にあたり来るようになり、そのうち、化けるのが面倒になったのかタヌキの姿のままでやってくるようになりました。
 さすがにお婆さん、その傍若無人な振る舞いに頭にきて、ある雪の晩、いつものように囲炉裏端で居眠りを始めたタヌキの股座めがけて囲炉裏の火を投げつけます。
 タヌキは火だるまになって外に飛び出し、そのまま坂道をころころ転がり落ちるて息絶えてしまったそうです。
 タヌキが転げ落ちていった坂の道端の草が黒く焦げていたことから、誰ともなく「火の坂」と呼ぶようになったと言われています。

 ところで坂のふもとにある洞窟には、小さな祠が収められています。
 やはり、この祠も先ほどのタヌキの伝説と関わりがありました。
 大正末期、この近くにある水車場に江成さんという夫婦が住んでいました。この江成さんの奥さんのおもとさんが原因不明の病気にかかり、医者に見せても薬を飲ましても、一向に回復する気配がありません。
 江成さんは、信心している妙法行者に祈祷してもらうことしました。
 すると、タヌキの精霊と名乗るものが出てきて、『わしは、ひの坂で火だるまになって死んだタヌキの霊である。なかなか成仏できぬ故、わしを狸菩薩として坂の下に祭ってもらえないだろうか。そうすれば、病を治してやろ。』と告げました。
 そこで江成さん夫婦はお告げのとおり、狸菩薩の祠をつくりました。すると、おもとさんの病はたちまち治ってしまったそうです。
 この話が近隣に伝わると、大勢の人々がお参りに来るようになりました。そこで、坂道を通る人の邪魔にならないようにと、穴を掘って祠をその中に移し今のような姿となったとのことです。

 前回の祠と関係がありましたね。

 そして、突然出てくる白馬、前回も最初何だ? と思いましたが、今回は写真に収める。隣のゾウさんが居なくて、丸太の柵であったら遠目では本物に見えますね。

第1練習場の五段

 Sヶ島第1練習場では初めて五段に取り組みました。 膝の調子が今一つなのできょうは三段まで。

 第四まで移動して練習、帰路につく。

 ツーリングトライアル風は狭い道も入ることができ、気になった場所は写真をパチリ、なかなか楽しいのですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です