TL125、山道苦行の巻

山道-1(なかなか良い景色)

 華金、今回は近場の山に入ってみようと早朝出発。

温 泉

 日の出の温泉から山に入る。 タイヤ圧は0.6程にする。

峠 道

 朝靄の景色が良い。

山道-2

 山頂へ通ずる道だが走りやすい。

山道-3

 岩や根っこが多くなる。

落ちる-1

 これ以上進むと力量オーバー、そして単独なので、Uターンしようとするが、あらら、後輪落ちる。 急な崖ですが、笹が生い茂っていて助かりました。

落ちる-2

 後輪だけとは言ってもこれがなかなか上がらない。崖下に足場を作り、肩で押し上げる。上に上がって、後輪を少しずつ引っ張り上げる。30分ほどで何とか上げることが出来ました。心臓バクバクなので、急がずゆっくり。運良く木の株があったので手がかりとして助かりました。この間アブ・ブユ・蜂さんが邪魔をするのです。結局アブにはやられました。

キャブ・バラす-1

 苦行は続きます。 エンジンが掛からないのです。

キャブ・バラす-2

 最初カブったのかと思い、プラグ交換。しかし掛からず。 プラグを外すと濡れていません。ガスが来ていなかったのです。 多分、キャブが180度以上寝てしまったので、キャブ底の微妙なゴミが浮いて詰まったのかと。キャブ・バラしですよ。 あ~こんな所で・・・。(汗だくだく、集中で写真なし)

復帰!!

 ハラハラドキドキの山中、無事生還しました。  TL125には工具ケースを右リアサイドに付けているので背負なくて済んでいます。が、他 やはり山道行はロープと虫除けが必要ですね。

剥げる

 洗車して、あ~あ。 ゴリゴリ引っ張り上げたから黒髪が剥げてしまいました。 私も苦行でまた薄くなったでしょう・・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です