TLR200、保安部品換装の巻

換装後

 TLR200の公道走行用保安部品は、3年前にイーハトーブ・トライアルの為に作りましたが、①リアウィンカー取り付けの工夫足らず。 ②ピープル用白ミニウィンカーはネジ締め込みタイプで、しっかり固定しづらい。③軽量化その他。 で、この際TL125と同じように作り直すことにしました。

フロントの取り付け

 ウィンカーはキタコのワレンズミニです。一番お安いのを探してゲット。 フロントはライトカウルの以前と同じ場所にボルトオン。

リアの新旧

 リアフェンダーは汚れ落としをしてから、紙ヤスリで水研ぎしました。

ウィンカー取り付け

 リアランプベースは、アマゾンでランプ付き1600円で調達。 フェンダー下部に取り付けるタイプを半分ほどにカット。サイドにウィンカーを付ける。

サイドから

 前部の中隠し帯は、鞄のベルトをカットした物です。 後日余裕のあるときに、FRPで125と同じようにカウルを作る予定です。

ナンバープレート取り付けマウントと一緒にフェンダーに固定
配線の取り回し

 配線は金具で吊り、表側のボルト頭は白のキャップで隠してあります。 ランプ類との繋ぎはベース部で6極(5線)ハウジングで繋げ、裏側に通し、5線が収まるビニールパイプでスッキリさせています。 5線は左右ウィンカー2本、テール1本、ストップ1本、アース3本はまとめて1本に。

出来ました、が、プレート傷んでいますね・・・。
メインハーネスとの繋ぎも6極ハウジング(使用5線)
TL125フィールドトリッパー

 TL125とほぼ同じ仕様になりました。

換装後–2

 エンジン掛けて無事点灯稼働すると、やはり嬉しいものです。 ハイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です