公魚、新釣法実践その2 の 巻

ドーム船・富士 表

K-zanマイスター・芳賀さんから教えていただいた釣法をとにかく実践したくて、今週も山中湖へ行ってまいりました。 このワクワク感は久しぶり、なかなか良い感覚です。(家人は呆れる・・・)

しかし、世の中甘くないのが現実、行ける日は強風の予報。 しゅうすい屋の社長に連絡すると、夜ギリギリに決めれば良いんじゃない、との事で、20時ちょっと前に電話、行く事に決めました。

ドーム船・桟橋  きょうは1本

朝一番は比較的静穏でしたが、徐々に風が強くなりました。 2本出すつもりでしたが、隣が小学生、後ろが中学生と言う事で、一本にしました。 それでも、横と後ろとで、一回ずつお祭り(底を取れていなかったようです)。 後半は手持ちで流れを読んで、左端に落とすよう気を遣う。

結局、強風危険回避のため、ドーム船11時半の揚がりとなりました。

穂先M、オモリ2.5g、7本袖針手製仕掛け。 67匹となりました。 底が四六時中動いてしまうので、忙しい釣りとなりましたが、まあまあの釣果だったと思います。 ノンストップ釣法は公魚が寄ってくれる、これは良く分かりました。

社長・船長  雲の富士

下船後、船頭さんと社長をパチリ! またお世話になりま~す。

※写真はクリックすると綺麗に観る事が出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

公魚、新釣法実践その2 の 巻」への2件のフィードバック

  1. 浜本

    こんばんは。
    >20時ちょっと前に電話、行く事に決めました
    ぷっ、ソワソワしているじーじさんが目に浮かびます、ハナから「何があっても絶対行く」と決めていた腹の中は見え見えですが…。

    返信
    1. jiji 投稿作成者

      浜本さん、おはようございます。
      困ったものですね・・・。
      でも、ワクワク感、なかなか良いものなんです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です