コミさんTLR用クラッチ・エクステンションバー作製の巻

エクステンションバー

 既報コミさんTLR200、このマシンにはクラッチエクステンションバーが付いていなかったので、お節介で作ってしまうことにしました。 バーを延長することによって、ハンドル・クラッチレバーのタッチが軽くなるのですね。油圧に切り替える方もいますが、私はテコの原理でお安い方、です。

アルミ板からの切り出し

 以前作ったTL125フィールドトリッパー用のバーを外して、型を取ります。125と200はクラッチレバーCOMPの品番が同じなので、バーも共通に使えます。

糸鋸でカット
3本作る

後はグラインダーで削って形を整えます。

穴開け等

 クラッチワイヤー端が収まるように、2.5mmの穴を開け、6mmの穴を途中まで開けて、ワイヤー端のストッパーにします。それからワイヤーを入れるスリットを切ります。

ネジ切り

 クラッチレバーに固定するためのネジ穴を2つ開けます(好みの長さ)。2.5mmの穴を開け、3mmのネジ切りです。

ネジ

 ネジは六角3mmを使います。プラスネジよりしっかり絞まりますね。

TL125でのバー装着例
TL125でのワイヤーエンド装着例

 このように装着することになります。 当然、クラッチワイヤーホルダーの角度調整して、ワイヤーに負荷が掛からないようにすることが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です