TLR200、クラッチケーブル交換、エキパイ塗装の巻

交換後

 TLR200、エンジンの調子は良くなりましたが、クラッチタッチが急にゴリゴリ。 微妙に当たりもズレだしたのでケーブル交換することに。 消耗品とはいえ、次から次にね・・・。

新品
潤滑剤注入
セットする

 ケーブルの取り回しを負荷が無いようにするため、MITANI式にしてみました。観たとおりにフレーム内に納めず、ゆるりと取り回すのですね。 走行中どこかに引っかからないの? とは思うのですが、MITANIさん(爺)の所のTLRは皆この取り回しで問題ないようなので。

クラッチワイヤーホルダー

 ケーブルをホルダーに両ナットで固定せず、とにかく負荷を掛けないようにしました。 クラッチのレバータッチは確かに柔らかいですよ。

耐熱処理

 エキパイに触れやすいところに耐熱テープを巻く。

エキパイ

 クラッチケーブルの取り外しはエキパイを取らないと出来ないので、ついでに小物を含めて錆取り、耐熱塗装。

出来上がり

 はい、セット終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です