TL125でキャンバーターン練習の巻

キャンバーターン

 斜面のターンをいかに熟すか、ツインショックには大きな課題です。 以前撮ったビデオで大分良いのがありましたので観てみようと思います。

 以前にも記事にしたターンです。 まずは樹木を右ターン。

 手前の杭を左ターン。 この時、以前は後傾姿勢になっていましたが、真ん中に立つ、後傾にならないに修正。 そうすると前輪が浮かずカーブを切ってくれます。右肘に余裕が生まれます。 また、その後の前輪のラインをしっかり確認することも重要。

 斜面の上に来たときのバランスが重要で、焦らずゆっくりライン取り。

 右ターンが苦手で、いつもここで焦ってしまいます。 まずは柔らかいブレーキングなのですが、ギコッとやってしまいがちなんです。それから曲がろうとする意識が強すぎ、マシンを寝かせすぎて右足をついてしまうんですね。

 前輪のラインを確認しつつ、身体は外側、ゆっくりターンします。

 本来はここから左ターンで樹木の根っこを越えるのですが、それ以前のターン課題が重要でした。

 できた! ホッとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です